一宮市

甘露山極楽寺

令和四年新企画のお知らせ

新企画「愛知県下新十名所」

 新愛知新聞社が昭和二年(1927年)に「愛知県の新十名所を読者投票で決定する。」というイベントを実施します。愛知県下を狂気の投票合戦へと誘ったこのイベントへの投票総数は驚異の1400万票以上。また、100票以上の投票を集めた名所候補は67カ所にも上ります。2022年、当サイトではこの67ヵ所の名所を巡り紹介していこうと思います。

ONE POINT

一宮市大毛にある浄土宗の寺院である甘露山極楽寺の紹介です。延喜式内社である大毛神社のすぐ東側に境内を構え、鎮守社の天満宮が「大毛の天神様」として崇敬を集めています。

寺院紹介

寺院概要

寺院名甘露山極楽寺
所在地愛知県一宮市大毛五百入塚七一番地
創 建不詳
宗 派浄土宗
御本尊阿弥陀如来

霊 場

霊 場
前札所霊 場次札所

文化財

国 宝
国指定
県指定
市指定
町指定
村指定

参拝情報

御朱印
URL
駐車場
参拝日2022年3月23日

御由緒

 創建・由緒は不詳。

 前回紹介した「大毛神社」の境内の東側に建つ浄土宗の寺院。境内には初代極楽寺住職である徴誉和尚が勧請した天満宮が鎮座し、大毛の天神様として崇敬されている。

御朱印帳の保管に

 数年前より非常に集める方が増えた「御朱印」ですが、皆様は御朱印帳はどうやって保管していますか?神社・仏閣を廻って御朱印を受けているとあっという間に御朱印帳の冊数が増えていきますが、そのまま棚などに置いている方が多いのでは?。せっかくお受けした御朱印ですので、日本では古くから着物を始めとして大切なものを保管する為に使われていた「桐箱」に入れて保管した方がよろしいかと思います。

 ぜひ、皆様も桐箱に御朱印帳を保管されてみたらいかがですか?

参拝記

 極楽寺は大毛神社の境内と接するように建っており、現在は大毛神社の境内から直接極楽寺の境内に向かう事が出来るようになっていますが、極楽寺の境内入口は、大毛神社境内入口から向かって右側に回り込んだ先にあります。

境内入口

 極楽寺の境内入口には「圓光大師御舊跡」と彫られた石柱が据えられています。門らしいものはないですね。

 圓光大師とは浄土宗の開祖「法然」の事なんですが、この石柱があるということは、なんらか法然上人に所縁のある場所なんでしょうか。

本堂

 寄棟造瓦葺平入の向拝の設けられた本堂になります。

大毛の天神様

 由緒でも述べましたが、初代住職徴誉和尚が駿河国庵原郡大晦日村より勧請された天満宮になります。境内に芭蕉が広がっていた事から芭蕉天満宮と称しているようです。

御朱印

参拝を終えて

 天満宮の御堂の横を進むとこんな感じで大毛神社の境内に向かう自然に踏み固められたような道があります。こんな道ができるくらい極楽寺と大毛神社を往来する参拝者がみえるということですね。

雑誌・マンガに加えて旅行雑誌の定番"るるぶ"も月額500円(税抜)で読み放題!

やはり、旅先の情報はネット検索もいいですが、るるぶなどの旅行ガイド雑誌が一番ではないかなと思います。ネット情報はどうしてもディープになりがちで、いざ旅行に行こうと思っても、俯瞰的な情報が不足しがちな気がします。 やっぱり、"るるぶ"を見ながら、旅の予定表を作っていくのも、旅行の醍醐味ですよね。

所在地を地図で確認

寺院名甘露山極楽寺
所在地愛知県一宮市大毛五百入塚七一番地
最寄駅鉄道:
バス:名鉄バス「大毛バス停」徒歩4分

寺院・霊場巡りの際のバイブルに

 元々、当サイトは神社巡りを通じて、皆様の住んでいる所にある"村の鎮守の神様"と呼ばれる神社を紹介してくサイトを目指していたんです。むしろ寺院については、縁遠いものとおもっていたんですよね。しかし、ちょっとした御縁で弘法大師霊場に出会い、そして愛知県では一番活動が盛んな"知多四国霊場"を巡礼、結願する事になりました。でも、神社の事はある程度知識があっても、寺院については未知の世界だったので、少しでも巡礼の時に役に立てばと思い、こちらの本を読ませて頂いております。

少しでも巡礼の時にお役に立てる事もあるかと思います。是非一度読んでみてくださいませ。

-一宮市
-, ,