2019年2月、サイト名を「神社のある生活って」から「あいちを巡る生活って」に変更致しました。

秋葉山常夜燈(一色町酒手島、八幡社境内)

スポンサーリンク

常夜燈データ

種  別  秋葉山常夜燈 建立年月  昭和十一年十月
設置場所  西尾市一色町酒手島東前通四十八番地
形  状  宮立型(宮前型) 基壇5段、土台石4段
竿部刻印  前面「秋葉山常夜燈」裏面「昭和十一年十月」
台石刻印  なし
火袋台石刻印  なし

常夜燈訪問記

西尾市一色町酒手島に鎮座する八幡社の境内に今回紹介する常夜燈が設置されています。昭和十一年と彫られていますが、これが建立年月日なのか改修された日なのかは不明ですが、昭和生まれの常夜燈は・・・あまり考えられないので、改修もしくは移設された日だろうと思います。


八幡社(西尾市一色町酒手島)


八幡社の鳥居の向かって左手、祓処の奥に常夜燈が見えてますね。

常夜燈の後ろではなく、並ぶように鎮座している秋葉社になります。この祠は、昭和六十二年に置かれた物で、常夜燈よりも存在感がありますね。

さらに、この八幡社にはもう一基常夜燈が設置されています。

境内社の姫社の瑞垣の中に真新しい常夜燈が設置されています。
この姫社は瑞垣というか瓦塀に周囲を囲まれていて、八幡社の境内と姫社の間に池があり、石橋で渡る形になっています・・・文字で書くとわかりにくいな・・・。

八幡社の参拝記事内で紹介した写真をこちらでも。
境内社にも常夜燈を設置するところはほかにであえるんでしょうか。

常夜燈データ

種  別  秋葉山常夜燈 建立年月  不明
設置場所  西尾市一色町酒手島東前通四十八番地
形  状  宮立型(宮前型) 基壇 -、土台石3段
竿部刻印  前面「秋葉山常夜燈」右面「村中安全」
台石刻印  なし
火袋台石刻印  なし

基壇(石垣)がないタイプの常夜燈なんですが、大きさ的にはもう一基の常夜燈とさほど変わらないです。どういった経緯でここに設置されたんでしょうか。


そうそう、一基目に紹介した常夜燈には灯篭と幟立石も置かれています。
例大祭とは別に秋葉祭が行われていると思いますが、こういった境内社の祭は氏子以外なかなかわからないですね。偶然幟が建っていて、あぁ、今日祭なんだと思いますからね。

投稿者プロフィール

成瀬晃ドクターレザーおかざき 店主
愛知県岡崎市で「かばん・くつ✚革の病院ドクターレザーおかざき」を営んでいる成瀬と申します。
史跡、神社などを巡った事をなどをつぶやきつつ、お店のブログではつぶやけないような事も書いていこうかと思っています。

コメント