松平親氏

豊田市

足助八幡宮(愛知県豊田市足助町)

神社紹介 神社名足助八幡宮鎮座地愛知県豊田市足助町宮ノ後十二番地御祭神品陀和気命、帯中日子命、息長帯比売命、応神天皇、仲哀天皇、瀬織津比売命、菊理比売命、日本武尊旧社格郷社創 建白鳳二年(673年)神名帳ー境内社津島社、御鍬...
2021.04.13
名所旧跡など

松平親氏伝 ー勢力拡大への道:林添への進出ー

 在原信重の娘「水女」を娶り、在原家に婿養子として松平郷に入郷した「徳翁斎信武」と弟であり徳翁斎に呼び寄せられた「祐金斎亀明」は松平郷を本貫とする事から、松平姓を称するようになり、それぞれ「松平親氏」、「松平泰親」と改称します。 徐々に領...
豊田市

梁山妙昌寺(愛知県豊田市王滝町)

明徳元年(1394年)、松平親氏が帰依した無染融了が中興開山し「梁山妙昌寺」に改称した曹洞宗の寺院になります。王滝渓谷への遊歩道が門前から続いている場所にあり、境内には松平親氏の供養塔、青山氏の墓石、三河(酒呑)鈴木家の霊廟があります。
豊田市

天下山安全寺(愛知県豊田市坂上町) 松平親氏創建

松平家初代松平親氏が自ら刻んだ仁王像を山門に据え、山頂にて持念仏の観音像を奉安して国家安寧を祈願したという天下峯から山号をとり天下山安全寺を創建しています。
2021.03.17
名所旧跡など

天下峯(愛知県豊田市坂上町) 松平親氏祈願場所

天下峯とは?  松平郷周辺にひろがる巨石信仰の最たる場所だろうと勝手に思っている場所がここ「天下峯」になります。山の稜線をみてると、天下峯と呼ばれる場所にだけその特異的な巨石が立ち並ぶ姿は、まさに信仰対象の山となっていて...
2021.03.15
豊田市

古六所神社(愛知県豊田市坂上町)

神社紹介 神社名古六所神社鎮座地愛知県豊田市坂上町阿知田地内御祭神塩竈明神旧社格ー創 建永和三年/天授三年(1377年)八月十九日以前神名帳ー境内社ー例祭日九月二十二日御朱印ーH Pー 参拝日:2021年3月3日 ...
2021.03.09
豊田市

六所神社下宮(愛知県豊田市上坂町) 松平親氏創建

松平家初代松平親氏が創建した六所山山頂に創建した六所神社上宮の麓の遥拝所という感じの下宮になります。神社社殿と正対するように豊田市指定文化財の農村舞台がある事でも知られている神社です。
2021.03.08
豊田市

六所神社上宮(愛知県豊田市坂上町)松平親氏勧請

松平家初代松平親氏が陸奥国塩竈明神を勧請し六所山山頂に創建した神社と伝えれています。徳川家康がこの六所山に鎮座する六所神社から三柱の御祭神を岡崎市明大寺町の六所神社に遷座させたということでも結構知られている神社ではないでしょうか。こちらでは現在も六所山山頂近くに社を構える上宮の紹介になります。
2021.03.08
城跡巡り

松平城(愛知県豊田市松平町) 松平親氏築城

城郭情報 城名松平城所在地愛知県豊田市松平町築城年応永年中(1394-1427年)築城主松平親氏城形式山城遺構曲輪、堀、櫓跡規模東西200m、南北120m備考国指定史跡 訪問日:2021年2月24日 沿革・詳細 ...
名所旧跡など

松平親氏行場跡/神明社跡(愛知県豊田市松平郷)

松平親氏が観音山の中腹にある大岩石の所に観音像を安置し、その大岩石の上で七日間にわたって祈願をし続けたと伝承される親氏公行場跡になります。その後この場所に神明社が勧請された様ですが、大正時代になって松平東照宮に合祀されています。
2021.03.09
歴史紀行

本松山高月院(愛知県豊田市松平町)松平親氏・泰親菩提寺

松平郷を切り開いた在原信盛の菩提寺として子在原信重が創建した寂静寺に松平親氏が浄土宗に帰依し、本尊である阿弥陀如来像や伽藍を寄進し本松山高月院と開山したのが始まりとし、松平氏発祥の地における菩提寺ということで江戸幕府からも厚く崇敬を受け、1641年には徳川家光の命におり現在の本堂など伽藍が整備されています。
2021.03.09
タイトルとURLをコピーしました