豊田市

豊田市

六所神社下宮(愛知県豊田市上坂町) 松平親氏創建

神社紹介 神社名六所神社下宮鎮座地愛知県豊田市上坂町地蔵堂二十三番地御祭神猿田彦命、事勝国勝長狭神、岐神天照大御神、倉稲魂命、日本武尊旧社格県社創 建永和三年/天授三年(1377年)八月十九日神名帳ー境内社秋葉社(祭神:加具...
豊田市

六所神社上宮(愛知県豊田市坂上町)松平親氏勧請

神社紹介 神社名六所神社上宮鎮座地愛知県豊田市坂上町六所山一番地御祭神猿田彦命、事勝国勝長狭神、岐神天照大御神、倉稲魂命、日本武尊旧社格県社創 建永和三年/天授三年(1377年)八月十九日神名帳ー境内社八ヶ峰神社(祭神:大山...
城跡巡り

松平城(愛知県豊田市松平町) 松平親氏築城

城郭情報 城名松平城所在地愛知県豊田市松平町築城年応永年中(1394-1427年)築城主松平親氏城形式山城遺構曲輪、堀、櫓跡規模東西200m、南北120m備考国指定史跡 訪問日:2021年2月24日 沿革・詳細 ...
名所旧跡など

在原氏墓所(愛知県豊田市松平町)

松平郷を切り開いた在原信盛、信重、そして信重の娘で松平親氏の室「水女」の三基の墓石が祀られている在原氏墓所になります。
名所旧跡など

松平親氏行場跡/神明社跡(愛知県豊田市松平郷)

松平親氏が観音山の中腹にある大岩石の所に観音像を安置し、その大岩石の上で七日間にわたって祈願をし続けたと伝承される親氏公行場跡になります。その後この場所に神明社が勧請された様ですが、大正時代になって松平東照宮に合祀されています。
豊田市

八幡神社松平東照宮(愛知県豊田市松平町)

松平氏発祥の地である豊田市松平町に鎮座する神社になります。松平氏初代松平親氏が自ら築城した松平城の守護神として若宮八幡宮を勧請創建したのが始まりだと伝えられています。1619年、久能山東照宮より家康公の御分霊を勧請し松平東照宮を創建、昭和になり八幡神社と松平東照宮を合祀しています。
岡崎市

本松山高月院(愛知県豊田市松平町)松平親氏・泰親菩提寺

松平郷を切り開いた在原信盛の菩提寺として子在原信重が創建した寂静寺に松平親氏が浄土宗に帰依し、本尊である阿弥陀如来像や伽藍を寄進し本松山高月院と開山したのが始まりとし、松平氏発祥の地における菩提寺ということで江戸幕府からも厚く崇敬を受け、1641年には徳川家光の命におり現在の本堂など伽藍が整備されています。
2021.02.22
古墳巡り

市塚古墳(愛知県豊田市御立町) 気入彦命の陵墓伝説

 豊田市御立町に鎮座する「鷲取神社/紹介記事」の御祭神「木入彦命」は気入彦命と同一視されており、気入彦命が館を建てたという鷲取神社の境内から北側にある古墳群の一つ「市塚古墳」の埋葬者が「気入彦命」であると伝承されています。 ...
2021.01.02
常夜燈

鷲取神社(愛知県豊田市御立町)

 延喜式内社「和志取神社」の論社が愛知県安城市と岡崎市に鎮座しています。この両社によく似た由緒と社名を持つ神社が「鷲取神社」になります。今回は「ワシトリ」繋がりで碧海郡を抜け出して加茂郡に鎮座する「鷲取神社」を紹介します。 ...
2021.01.02
三河秩父観音

御所山誓願寺(愛知県豊田市上郷町) 戸田家上野城主時代菩提寺

戦国時代、田原城を中心に渥美半島を支配した「戸田家」がまだ渥美半島ではなく、碧海郡の上野上村城を居城としていた時代の菩提寺になります。
2021.02.11
城跡巡り

上野上村城(愛知県豊田市上郷町) 戸田家、酒井将監忠尚居城

豊田市上郷町にある戸田宗光が築いた城跡。戸田氏が渥美半島に移った後は、松平家とは因縁深い城の一つになった気がする。上野上村城の名前よりも「榊原康政生誕の地」と紹介した方が通りがいいかも。 城郭情報 城名上野上村城所...
2021.02.11
城跡巡り

鴛鴨城(愛知県豊田市鴛鴨町) 鴛鴨松平家居城

松平家三代「松平信光」の庶子とも松平家四代「松平親忠」の庶子であるとされる「松平親光」与えられ「鴛鴨松平家」と称した松平庶家の本城です。 城郭情報 城名鴛鴨城所在地愛知県豊田市鴛鴨町字矢追地内築城年不詳築城主鴛鴨入道酒...
2021.02.11
豊田市

熊野神社(愛知県豊田市幸町)

豊田市幸町に鎮座する熊野神社の紹介です。稲荷山隣松寺の鎮守社として熊野三山より勧請され元々は隣松寺の鎮守として鎮座していたようですが、明治政府の神仏分離令により幸町の鎮守社として分離された神社になります。
2021.02.11
豊田市

稲荷山隣松寺(愛知県豊田市幸町) 鴛鴨松平家、松平忠吉公、細川三代、内藤清長菩提寺

豊田市幸町にある稲荷山隣松寺の紹介です。第五十三代淳和天皇の第三皇子であり、この地に流されていた「東山親王国長」の菩提を弔うために建立された寺院なんだそうです。その後、松平家・徳川家とは縁深かったとされます。細川三代、鴛鴨松平家、松平忠吉公、内藤清長と数多くの武将達の菩提寺となっています。
2021.02.11
名所旧跡など

矢作川鵜の首狭窄部と鵜の首橋(愛知県豊田市秋葉町-能見町)

 愛知家の西三河地方を流れる矢作川には鵜の首狭窄部と呼ばれる川幅が狭まっている部分が豊田市秋葉町と能見町の間に存在し、その狭窄部に「鵜の首橋」という非常に小さな橋が架かっています。橋上では車同士がすれ違う事が出来きない非常に狭い橋...
2021.02.11
タイトルとURLをコピーしました