矢作川紀行Part.5(吉良頭首工~志貴野橋編)

矢作古川の河口から右岸側を遡上し、吉良頭首工の場所まで戻ってきました。かなり間が空いてしまいましたが、矢作川紀行第五段として、吉良頭首工から遡上し矢作古川と矢作川の分流点を経由して志貴野橋まで進んでいきたいと思います。

矢作川紀行を掲載を中断している間に、霊場巡りを始めてしまったり、歴史探訪と称して矢作川から離れた寺社、城跡などを巡っていたりしていました。その為、矢作川紀行の記事を書かずにほかの記事ばかりかいておりまして・・・。2019年1月20日時点で神社紹介記事数と寺院紹介記事数がほぼ同数になってしまっていて、これでは当ブログ名である「神社のある生活」としてはまずいのでは?と思いまして、当面の目標としまして、2019年内には、予定しているPart8まで完了させよう!と心の中に決めまして、矢作川紀行再出発します!

と、だれが見ているわけでもないのですが、宣言なんてしてみました。

で、

今回から神社だけでなく、なんらかの霊場に札所になっている寺院や史跡なども併せて巡っていきますので、今まで以上に各パートが長丁場になってしまう予感がします。

東照山 大泉寺【廃寺】

三河海岸大師七十六番札所である「東照山 大泉寺」跡になります。参拝した時には残念ながら本堂は取り壊されてしまっていました。本堂は無くなってしまっていますが、西国観音堂は残っていてここに寺院があったんだなという雰囲気が残っています。

紹介記事はこちら

【廃寺】東照山 大泉寺(西尾市宅野島町) 三河海岸大師 七十六番地
寺院情報 寺院名 東照山 大泉寺【廃寺】 所在地 愛知県西尾市宅野島町郷中九十一番地 御本尊 不明 宗 派 浄土宗西山深草派 創 建 享保年間(1716-36年) ...

秋葉神社

西尾市宅野島町の鎮守社となる秋葉社になります。戦前までの社格制度では「指定村社」
西尾市に合併する前は、旧碧海郡福地村宅野島になります。

祭神は加具土命になり、火伏の神様ですね。

秋葉神社(西尾市宅野島町)
神社紹介 神社名 秋葉神社 鎮座地 西尾市宅野島町郷中二十番地一号 御祭神 迦具土命 旧社格 指定村社 創 建 不詳 神名帳 - 境内社 - ...

八剱神社

西尾市小焼野町の鎮守社となる八剱神社にになります。戦前までの社格制度では「無格社」
旧幡豆郡福地村であり、ここから矢作古川右岸を遡上していくと、旧碧海郡西尾町に入っていきます。

祭神は熱田皇大神になります。

八剱社(西尾市小焼野町)
神社紹介 神社名 八剱社 鎮座地 西尾市小焼野町南川 御祭神 熱田皇大神 旧社格 無格社 創 建 不明 神名帳 - 境内社 例祭日 十...

今川氏発祥の地

西尾市立西尾中学校の南側にあります。
吉良荘を治めていた吉良長氏の息子「国氏」に今川壮と呼ばれたこの地を与え、地名にちなんで今川性を名乗ったとされています。時代は下り、駿河国に移り、戦国大名として発展していきます。

今川義元の時代には、吉良荘を治めていた吉良氏を従属させていてある意味里帰りを果たしている事になりますね。

今川氏発祥の地(西尾市今川町)
史跡概要 鎌倉時代の承久三年(1221年)に後鳥羽上皇が鎌倉幕府討幕の兵を起こします。しかし鎌倉幕府方の北条義時によって鎮圧され、後鳥羽上皇は隠岐に流された承久の乱が起こります。 この時、鎌倉方で北条氏との繋がりが強かった足利義氏が...

諏訪神社

今川氏発祥の地からも社殿を望める場所に鎮座するのが諏訪神社になります。戦前までの旧社格では「村社」大正四年に今川氏発祥の碑が境内に建立されたそうです。何時ごろの頃か不詳ですが、現在地に移設されたそうです。

諏訪神社(西尾市今川町)
神社紹介 神社名 諏訪神社 鎮座地 西尾市今川町東堀五十七番地 御祭神 建御名方神、多紀理昆売神、多岐都昆売神、速玉之男神、狭依昆売神、伊邪那美神、事解之男神 旧社格 村社 ...

今川山 養林寺

三河海岸大師七十五番札所。
文亀三年(1503年)開基。浄土宗西山深草派。本尊は阿弥陀如来。寺津町鎮座の養国寺末寺。

今川山 養林寺(西尾市今川町) 三河海岸大師 七十五番札所
寺院情報 寺院名 今川山 養林寺 所在地 愛知県西尾市今川町寺前十番地 御本尊 阿弥陀如来 宗 派 浄土宗西山深草派 創 建 文亀三年(1503年) 札 所 三...

秋葉山常夜燈

養林寺の脇に立つ秋葉山常夜燈。明治四十年建立。

秋葉山常夜燈(西尾市今川町寺前)
常夜燈データ 種  別 秋葉山常夜燈 建立年月 明治四十三年 設置場所 愛知県西尾市今川町寺前 形  状 宮立型(宮前型) 基壇6段、土台石3段 竿部刻印 正面「常夜燈」裏面「明治...

神明社

西尾市丁田町の鎮守社となる神明社です。戦前までの旧社格では「無格社」
由緒は不明ですが、以前は拝殿の前に松の巨木があったそうです。

神明社(西尾市丁田町)
神社紹介 神社名 神明社 鎮座地 西尾市丁田町道東地内 御祭神 豊宇気昆売神 旧社格 無格社 創 建 不明 神名帳 - 境内社 八幡社 例...

仏寿山 法厳寺

三河三十三観音三十二番札所,西条吉良観音二十四番札所。
創建年月不詳。浄土宗鎮西派。本尊は阿弥陀如来坐像。
三河観音札所になっている観音堂の本尊は十一面千手聖観世音菩薩。

仏寿山 法厳尼寺(西尾市寄近町) 三河三十三観音 三十二番札所
寺院情報 寺院名 仏寿山 法厳尼寺 所在地 愛知県西尾市寄近町堂本二十三番地 御本尊 阿弥陀如来 宗 派 浄土宗鎮西派 創 建 不詳 札 所 三河観音霊場 三十...

村上社

西尾市寄近町の鎮守社になります。戦前までの旧社格は「無格社」
後村上天皇が伊勢国から海路奥州に向かう途中遭難に篠島に漂着する。供奉の中に当村出身の者がおり恩賞として鼓を賜る。明徳四年(1393年)その鼓を霊代として祀り創建。

村上社(西尾市寄近町)
神社紹介 神社名 村上社 鎮座地 愛知県西尾市寄近町村上十五番地 御祭神 後村上天皇、豊宇気比売神、大物主神、火産霊神、奥津比咩神、奥津日子神 旧社格 無格社 創 建 明徳...

詳細不祥の神社

西尾市徳次町の矢作川沿いに鎮座する神社になります。
フェンスに囲まれた境内に小さな祠と石碑が据えられているのですが、どういった経緯でここに社が鎮座しているのかは不明です。

詳細不明な神社(西尾市徳次町)
神社紹介 神社名 不詳 鎮座地 西尾市徳次町円満寺地内 御祭神 不詳 旧社格 不詳 創 建 不詳 神名帳 - 境内社 - 例祭日 不詳 ...

白山神社

西尾市徳次町の鎮守社になります。戦前までの旧社格は「村社」
詳細は不詳ながら、棟札に長禄年間(1457-9年)に記されている物があり、これを創建としている。

白山神社(西尾市徳次町)
神社紹介 神社名 白山神社 鎮座地 愛知県西尾市徳次町宮廻一〇六番地 御祭神 菊理比咩神、大物主神、伊邪那美神、天見屋根命、宇迦之御魂神 旧社格 村社 創 建 長禄年間(1...

正東山 信竜寺

西条吉良観音二十三番札所
足利義氏が西条城築城の際、護城祈願の為に建立した寺院と伝えられています。
創建は貞慶元年(1155年)。正保四年(1649年)に浄土宗に改宗。浄土宗西山深草派。本尊は阿弥陀如来。

正東山 信龍寺(西尾市徳次町) 西条吉良観音 二十三番札所
寺院情報 寺院名 正東山 信龍寺 所在地 愛知県西尾市徳次町地蔵五十三番地 御本尊 阿弥陀如来 宗 派 浄土宗西山深草派 創 建 貞慶元年(1155年) 札 所 ...

秋葉山常夜燈

大正三年建立。昭和五十二年改築。

秋葉山常夜燈(西尾市熊味町)
常夜燈データ 種  別 秋葉山常夜燈 建立年月 大正三年一月 昭和五十二年改築 設置場所 愛知県西尾市熊味町大道南 地内 形  状 宮立型(宮前型) 基壇3段、土台石4段 竿部刻印...

久麻久神社

西尾市熊味町に鎮座する「延喜式神名帳、三河国幡豆郡久麻久神社二座」と記載されている一座とされています。戦前までの旧社格は「指定村社」。

久麻久神社(西尾市熊味町)
神社紹介 神社名 久麻久神社 鎮座地 西尾市熊味町山畔五十二番地 御祭神 倉稻魂神、久久能智神、天兒屋根命、豊宇氣毘賣命、多紀理毘賣命、狹依毘賣命、多紀都毘賣命 旧社格 指定村社 ...

熊味観音堂

三河西国観音十七番札所,西条吉良観音二十五番札所
久麻久神社の参道脇に赤地に白文字で「南無聖観世音菩薩」と書かれた幟がはためいています。
本尊は聖観世音菩薩で弘法大師の作と伝えられる。曹洞宗。

熊子観音堂(西尾市熊味町) 三河西国観音霊場 十七番札所
寺院情報 寺院名 熊子観音堂 所在地 愛知県西尾市熊味町山畔四十一番 御本尊 聖観世音菩薩立像 宗 派 曹洞宗 創 建 不明 札 所 三河西国観音 十七番札所 ...

熊子山 真成寺

永禄五年(1562年)、八ツ面城(荒川城)主「荒川甲斐守源義広」によって開創。開山は現在の岡崎市明大寺町にある龍海院の第二世大通玄倬大和尚。本尊は虚空蔵菩薩。曹洞宗。
荒川義広の五輪塔があります。

久麻久神社

西尾市八ツ面町に鎮座する「延喜式神名帳、三河国幡豆郡久麻久神社二座」と記載されている一座とされています。戦前までの旧社格は「郷社」。この地を納めていた荒川氏からの崇敬が篤く荒川大宝天王と称していた時期もあったとか。

神明社

西尾市志籠谷町の鎮守社になります。戦前までの旧社格は「無格社」。
詳細は不明。境内西の池に雨乞いの鳩があるとされていますが・・・。

矢作古川分水点

志籠谷町に鎮座し神明社の参拝を終え、愛知県立西尾東高校の西側から回り込むように矢作川と矢作古川の分水点を目指してみます。最近工事が行われた様で、コンクリートによる分水点になっていますね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
矢作川神社巡り紀行
成瀬晃をフォローする
あいちを巡る生活って

コメント

タイトルとURLをコピーしました