海底山地蔵院(名古屋市南区呼続) 名古屋二十一大師十五番札所

寺院情報

寺院名海底山地蔵院
所在地名古屋市南区呼続三丁目十一番二七号
御本尊湯浴地蔵大菩薩
宗 派真言宗醍醐派
創 建弘長二年(1262年)
札 所名古屋二十一大師 十五番札所
大名古屋八十八 四十二番札所
尾張新四国霊場 五番札所
尾張六地蔵 三番札所
御朱印
H P

参拝日:2020年2月5日

由緒・沿革

 愛知郡誌では創建は弘長五年(1265年)としていますが、「南区の歴史」という冊子では「寛文村々覚書」に弘長二年(1262年)に創建されたと書かれていると紹介しています。どちらにしても、鎌倉期に創建された古刹であると言えます。
 「湯浴地蔵略縁起」という書物には、時は土御門天皇の御代である元久二年(1205年)五月二十四日に、「天地が振動し、海上が鳴り渡り、明星天降り光り輝く雷の如し」と何やら地震なのか火山の噴火なのか天変地異の災害が起きた様です。その七日後に愛知郡北井戸田村の海中から仏像が一尊が引き上げられ、お湯で洗った所「地蔵菩薩」が現れた。その後正応五年(1292年)に愛知郡戸部村に移れたが火災にて堂宇を焼失してしまった為、慶長五年(1600年)に現在の地に移された。

 見つかった時にお湯を掛けて洗い、その後参拝者はお湯を掛けて祈願するという事で「湯浴地蔵」と呼ばれる様になったといいます。という事は、現在の様な地蔵堂ではなく、気軽にお湯を掛けられる様な造りの建物(覆堂)が建っていたのかなと思います。

 地蔵院が建つ場所は、鎌倉街道と東海道が交わる場所の角に建っています。鎌倉街道を整備しなおしたのが東海道になると思うのですが、整備されたと言っても鎌倉街道が廃止されたわけでもないと思うので、主要街道同士が交わる場所は非常に多くの通行人が行き交う場所だったと思います。

 地蔵院の「地蔵菩薩像」は、東海地方では珍しい鋳造による「鉄地蔵」になります。Wikipediaによると愛知県で製造が始まったという「鉄地蔵像」なんだそうです。関東方面では盛んにつくられるようになったそうですが、尾張以西の西日本ではあまり広がらなかったようです。
 当地蔵院の地蔵菩薩像は、太平洋戦争の火災、伊勢湾台風の風害などで、頭部と両手を残して損失してしまい、現在は欠損部分はコンクリートで復元されているそうです。

名古屋二十一大師霊場を行く

十四番札所「雲龍山喜見寺/紹介記事」の納経を終え、熱田区を後にして一路南区呼続にある十五番札所「海底山地蔵院」に向かいます。熱田から国道一号線を東に向かい、名古屋高速が上を走る「松田橋交差点」を直進し、東海道の旧道を進んでいきます。
 現在ではどうも無住の寺院となってしまっているようなのですが、戦前までは非常に多くの参拝者が訪れている寺院だった様で、「大名古屋八十八ヶ所」「尾張新四国霊場」「尾張六地蔵」の札所にも選ばれています。

参拝記

 名鉄「名古屋本線」の西側を並行するように走っている「旧東海道」と「鎌倉街道」が交わる交差点から地蔵堂を望みます。駐車場は境内の前の止める事ができる様です。

寺号標

 寺号標というか、「湯浴地蔵尊」と本尊が彫られた石柱になります。正直この石柱以外は道路から寺号などを確認できるものがなく、本堂に掲げられている名古屋二十一大師霊場の札所案内札を見るしかないのですが、風化により読みづらいのが残念な所です。

水盤

 水盤とその横に役行者像が据えられています。
 その後ろにある花瓶の様な石造物は「伊藤萬蔵」という方が奉納したものです。自分はまったく存じなかったのですが、何やら東海地方を中心とした神社仏閣に様々な寄進を行った方のようです。ちょっと調べてみると、知多四国霊場の大師堂の前に据えられている線香を立てる「香台」だったり札所案内石柱なんかを数多く寄進されている様です。

本堂

入母屋造瓦葺妻入りの向拝が設けられた本堂になります。本堂側面は庇が張り出し壁が設けられ増床された様な造りになっていますね。こういった造りをなんと呼称するのでしょうかね。

弘法堂

 本堂に合わせる様に入母屋造瓦葺妻入りの向拝が設けられた弘法堂です。

「南無大師遍照金剛」「南無大師遍照金剛」「南無大師遍照金剛」・・・

地図で所在地を確認

寺院名海底山地蔵院
所在地名古屋市南区呼続三丁目十一番二七号
最寄駅名古屋鉄道名古屋本線「桜駅」徒歩5分
名古屋市営地下鉄桜通線「桜本町」3番出口徒歩5分

次の目的地は?

 名古屋二十一大師霊場十六番札所「天林山笠覆寺」を納経します。こちらの笠覆寺は「笠寺観音」とも呼ばれ、尾張四観音にも選ばれている名刹です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました