平成三十年度上地八幡宮例祭が間近に

今年も上地八幡宮の例祭の時期が近づいてきました。厄年の方たちの厄祓手筒花火の奉納を手伝う八華連としても、いよいよ本番が近づいてきているわけです。

まだまだ厄年の方たちが手筒花火を上地八幡宮で奉納している事を知らない方たちが多く、もっともっと広報に力を入れて認知度を広めて参加してくれる厄年の方たちを増やしていきたいですね。

その為に、現在”八華連”として独立させたHPを作ろうかと思っています。うちのブログの中でページを作っても神社、寺院紹介ページに埋没してしまいますからねえ・・・。

さて、厄祓手筒花火奉納も今年で43年を迎える形になります。男の厄年は42歳と言います。まあこれは数え年なんですが、満42歳だったしても、奉納花火を始めた年に生まれた子供たちも既に本厄が過ぎてしまっている事に・・・。継続は力なりとよく言ったものです。

自分が八華連に入ってから、奉納花火の風景のビデオ撮影を行っています。当ページで一部ですが公開もしておりますし、希望者になりますがBDに焼いてお渡しも行っています。

そんな、上地八幡宮例祭”奉納手筒花火”を企画しております上地厄年連では手筒花火を打ち上げ奉納を希望される厄年(前厄、本厄、後厄)の方達を募集しております。

平成三十年 上地厄年連 手筒花火奉納 募集要項

上地八幡宮 例祭の日時
前宮・・・2018年11月3日(土曜日) 打ち上げ開始 午後7時より
本宮・・・2018年11月4日(日曜日) 打ち上げ開始 午後6時30分より

平成5年、6年・7年生まれの男性の方
昭和51年、52年、53年生まれの男性の方
平成11年、12年、13年生まれの女性の方
昭和60年、61年、62年生まれの女性の方

一昨年は女性の方も手筒花火を打ち上げ奉納されております。


昨年の打ち上げ風景をご覧ください


手筒花火に興味を持っている方が一番懸念しているのが参加費用かなと思います。

厄年連専用の法被を新調されるか厄年連から借り受けるかで費用は変わってきます。
その他、晒や足袋、股引などは購入していただきます。

法被新調の場合は36,000円
法被貸出の場合は30,000円

となります。

中々リーズナブルな金額のはずなんですが・・・。


興味のある方、打ち上げ希望の方がいらっしゃいましたら、

ドクターレザーおかざき までご連絡くださいませ。
電話番号 070-5405-6987 です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
八華連、上地厄年連
シェアする
成瀬晃をフォローする
あいちを巡る生活って

コメント

タイトルとURLをコピーしました