西古渡神社(名古屋市中川区尾頭橋)

2024/5/17

名古屋市中川区尾頭橋に鎮座する西古渡神社の紹介です。江戸時代までは牛頭天王を祀る神仏習合の神社でしたが、明治になり建速須佐之男命を御祭神とする神社に改組しています。JR東海の尾頭橋駅の目の前に鎮座する神社です。

ReadMore

八幡社(名古屋市熱田区大宝)

2024/5/11

名古屋市熱田区大宝に鎮座する八幡社の紹介です。元々現在のささしまライブ辺りに鎮座していたそうなのです、昭和初期の名古屋貨物駅開発に伴って現在の地に遷座したそうです。

ReadMore

熱田社(名古屋市熱田区二番)

2024/5/8

名古屋市熱田区二番に鎮座する熱田社の紹介です。江戸時代の熱田新田二番割に据えられた「三十番神堂」が神仏判然令によって廃止された後にこの地の氏神として勧請創建された神社になります。

ReadMore

神明社(名古屋市熱田区四番)

2024/5/6

名古屋市熱田区四番に鎮座する神明社の紹介です。社伝によると江戸時代に尾張藩によって開発された熱田新田において一番最初に勧請創建された神社になるようです。

ReadMore

八劔社(名古屋市熱田区一番)

2024/5/5

名古屋市熱田区一番の産土神となる八劔社の紹介です。江戸時代になり尾張藩によって干拓された熱田新田の一番割の鎮守社として江戸時代後半に勧請創建された神社になります。

ReadMore

波限神社(名古屋市熱田区一番)

2024/5/5

名古屋市熱田区一番に鎮座する「波限神社(なぎさじんじゃ)」の紹介です。社伝では加藤清正が勧請創建した神社であると伝えられている一方明治元年に創建されたという情報もあり、由来が謎めいている神社になります。

ReadMore

宝塚古墳(三重県松阪市宝塚町)

2024/5/5

令和六年に宝塚一号墳から出土した国重要文化財である「舟形埴輪」が”国宝”への指定が答申されたとして一躍紙面を賑わせました。そんな舟形埴輪が出土した宝塚古墳も昭和7年には国指定史跡になっているなど三重県を代表する古墳の一つになります。

ReadMore

東谷山白鳥古墳(名古屋市守山区上志段味)

2024/4/21

名古屋市守山区に点在する国の指定史跡「志段味古墳群」に含まれ、名古屋市内で唯一の築造当時の石室を有する円墳になります。

ReadMore

八幡社(愛知県瀬戸市鹿乗町)

2024/4/21

庄内川に架けられた鹿乗橋の近くに鎮座する八幡社の紹介です。八幡社の境内は遺構などは残っていませんが平安時代末期に築城された入尾城址になっています。

ReadMore

鹿乗橋(愛知県瀬戸市/春日井市)愛知県下新十名所

2024/4/21

瀬戸市と春日井市との市境となっている庄内川に架けられた「鹿乗橋」の紹介です。愛知県下新十名所の投票において22位にランクインしており往時はかなり注目を集めていた観光地に架けられたランドマーク的な橋だった様です。

ReadMore

昨年末より密かに考えていた、ワードプレステーマの変更を行いました。変更の際に、いくつかの記事が表示されない状態となっており大変ご迷惑をおかけいたしました。
現在、エラーを修正しながら、修正加筆を行っていますので、修正途中の記事についてはバランスが崩れている事もありえますので、ご容赦下さいませ。

知多四国 弘法大師生誕1250年記念

表題にもある様に知多四国霊場では弘法大師生誕1250年を記念して記念宝印を納経の際に受印する事が出来ます。限定納経帳も用意されています。
記念宝印は平成30年(2018年)の知多四国開創210年記念以来5年ぶりとなります。・・・ということは、5年後には知多四国開創220年の記念宝印が・・?

という事で、5年ぶりとなる知多四国遍路の旅を始める事にしました。今回は遍路だけではなく「知多半島全部盛り」の企画も併せて巡っていくので、とんでもなく時間がかかる遍路旅となります。ただ・・・記念宝印は6月30日までとなっているので、最後は宝印を頂くために知多四国霊場の札所以外はぶっ飛ばして巡る事もあるかもしれませんが、記事にする時はあたかも色々巡りながら遍路した体で報告するかもしれませんがお付き合いの程よろしくお願いします。
愛知県下新十名所巡りの記事が全く進んでいない状況で新企画・・・この模様がお伝えできるのは何年後?

令和四年(2022年)愛知県周回企画

昭和二年(1927年)に新愛知新聞社(現在は中日新聞)が企画した「愛知県の新しい十名所を決める県民大投票!(表題は当サイトで勝手に決めました。)」が開催され、「おらが村に新名所を!」とういう事で官民挙げて投票活動が行われています。得票数1位~10位が愛知新十名所、11位~20位が愛知新十勝地として選定され、この20ヶ所を含めた得票100票以上獲得した57ヶ所が発表されています。
2022年はこの57ヶ所を巡って行こうかと思います。是非、お付き合いくださいませ。

名所旧跡など

2024/4/21

鹿乗橋(愛知県瀬戸市/春日井市)愛知県下新十名所

瀬戸市と春日井市との市境となっている庄内川に架けられた「鹿乗橋」の紹介です。愛知県下新十名所の投票において22位にランクインしており往時はかなり注目を集めていた観光地に架けられたランドマーク的な橋だった様です。

ReadMore

名古屋市守山区 尾張四観音

2024/5/5

松洞山龍泉寺(名古屋市守山区竜泉寺)尾張四観音

尾張四観音、尾張観音霊場にその名を連ねる名古屋市守山区にある天台宗「松洞山龍泉寺」の紹介です。寺伝では伝教大師(最澄)による創建であると伝えられる古刹であり、また弘法大師(空海)も参籠し宝剣を奉納したとも伝えられています。

ReadMore

名所旧跡など

2024/4/11

愛知県下新十名所と名古屋新十名所を巡る:第2弾ー竜泉寺・鹿乗橋・櫻田景勝・山田元大将之社ー

2022年4月20日、愛知県下新十名所選定にノミネートされた鹿乗橋と龍泉寺を巡るあいちを巡る生活遠征編の立ち寄り先をダイジェストで紹介していきます。

ReadMore

名古屋市中区

2023/3/18

少彦名神社(名古屋市中区丸の内)愛知県下新十名所

名古屋市中区丸の内三丁目に鎮座する少彦名神社の紹介です。江戸時代末期の頃からこの辺りは薬問屋街として発展し「薬祖神」として勧請創建された神社になります。現在でも薬関連の方からの崇敬厚い神社になります。

ReadMore

名所旧跡など

2023/3/1

愛知県下新十名所と名古屋新十名所巡り ー京町薬祖神・闇之森・榎ノ権現・久屋金刀比羅社ー

2022年4月13日はどこ行こう  令和四年(2022年)の連載企画として紹介して生きている「愛知県下新十名所巡り」も早いもので第7弾となります。今回は名古屋市中区丸の内三丁目という名古屋市の中心地にある「京町薬祖神」を中心に巡っていく事にします。何度も愛知県下新十名所の紹介記事の中で紹介していると思いますが、愛知県下といいつつ名古屋市内の名所については殆どノミネートされていません。これは愛知県下新十名所選定以前の大正十四年に「名古屋新十名所」が選定された事が影響しているのは間違いないかと思います。 名古 ...

ReadMore

2022年あいちを巡る生活って巡拝記

新型コロナウィルス(オミクロン株)が年明けから急速に感染拡大してしまった為、当所予定してた通りとはいかなくなってしまいましたが、2022年(令和4年)に愛知県を巡っていく巡拝記を順次更新していきます。