名所旧跡など

(旧)三河新四国八十八ヶ所

飯盛山香積寺(愛知県豊田市足助町) 足助氏・鈴木氏菩提寺

寺院情報 寺院名飯盛山香積寺所在地愛知県豊田市足助町飯盛三十九番地御本尊聖観世音菩薩宗 派曹洞宗創 建応永三十四年(1427年)札 所(旧)三河新四国 八十八番札所東加茂西国観音 二十一番札所御朱印〇H Pー 参拝日:...
名所旧跡など

光明山宝珠院(愛知県豊田市足助町) 大給松平家菩提寺

(旧)三河新四国霊場八十七番札所であり、大給松平家の菩提寺でもある浄土宗西山深草派の寺院になります。大給を本拠にしていた大給松平家の菩提寺がなぜ足助にあるのでしょうか?
名所旧跡など

松平真乗墓所(愛知県岡崎市細川町)

 天正三年(1575年)二月、同じ松平一門であり家康の家臣であった滝脇松平家の「松平乗高」が大給城を急襲し、この戦いで、大給松平家四代「松平親乗」は尾張国に逃げ落ち、「大給郷」の詰城ともいえる「大給城」は灰燼に帰してしまった。この...
2021.03.30
城跡巡り

大給城(愛知県豊田市大内町) 大給松平家本城

巨石を使用した縄張りが有名な豊田市大内町にある大給城の紹介です。安祥松平家初代「松平親忠」の長子「松平乗元」が大給の地を与えられ大給松平家として分立し、居城とした城になります。遺構が非常に良好な状態で残っています。
2021.03.25
名所旧跡など

松平太郎左衛門家墓所

 高月院の南に位置する小高い山の尾根部分に交代寄合の旗本であった松平太郎左衛門家の墓所があります。こちらの墓所には、十一代「松平信和」以降の歴代の当主などの墓石が並んでいるようです。  泰親より太郎左衛門家を継いだ三代「松平...
2021.03.22
名所旧跡など

松平親氏伝 ー勢力拡大への道:林添への進出ー

 在原信重の娘「水女」を娶り、在原家に婿養子として松平郷に入郷した「徳翁斎信武」と弟であり徳翁斎に呼び寄せられた「祐金斎亀明」は松平郷を本貫とする事から、松平姓を称するようになり、それぞれ「松平親氏」、「松平泰親」と改称します。 徐々に領...
名所旧跡など

天下峯(愛知県豊田市坂上町) 松平親氏祈願場所

天下峯とは?  松平郷周辺にひろがる巨石信仰の最たる場所だろうと勝手に思っている場所がここ「天下峯」になります。山の稜線をみてると、天下峯と呼ばれる場所にだけその特異的な巨石が立ち並ぶ姿は、まさに信仰対象の山となっていて...
2021.03.15
城跡巡り

松平城(愛知県豊田市松平町) 松平親氏築城

城郭情報 城名松平城所在地愛知県豊田市松平町築城年応永年中(1394-1427年)築城主松平親氏城形式山城遺構曲輪、堀、櫓跡規模東西200m、南北120m備考国指定史跡 訪問日:2021年2月24日 沿革・詳細 ...
名所旧跡など

在原氏墓所(愛知県豊田市松平町)

松平郷を切り開いた在原信盛、信重、そして信重の娘で松平親氏の室「水女」の三基の墓石が祀られている在原氏墓所になります。
名所旧跡など

松平親氏行場跡/神明社跡(愛知県豊田市松平郷)

松平親氏が観音山の中腹にある大岩石の所に観音像を安置し、その大岩石の上で七日間にわたって祈願をし続けたと伝承される親氏公行場跡になります。その後この場所に神明社が勧請された様ですが、大正時代になって松平東照宮に合祀されています。
2021.03.09
城跡巡り

岩津城(愛知県岡崎市岩津町)岩津松平氏居城

松平氏二代松平泰親が獲得した岩津郷を継いだ松平信光が築城した城郭になります。松平信光を始祖とする岩津松平家の居城として松平氏の中枢を担っていまっしたが、伊勢新九郎を総大将とする今川軍によって落城したとも伝えられています。しかし、強固な城郭であったことは間違いない様で、その後三河国を併合した今川義元によってその強固さの為に廃城となったとも言われています。
2021.02.22
名所旧跡など

酒井広親石塔(愛知県岡崎市岩津町) 譜代酒井氏始祖の石塔

 江戸時代に編纂された歴史書などで松平親氏の庶氏であるとされ、譜代酒井氏の始祖と言われている「酒井広親」の石塔が岩津城址南にある信光明寺の境外地にあります。(元は個人の土地だった所を信光明寺が買い取ったらしいです。)元々は五輪塔だ...
城跡巡り

井田城(愛知県岡崎市井田町)左衛門尉酒井家居城

城郭情報 城名井田城所在地愛知県岡崎市井田町字城山築城年不明築城主酒井氏忠か?城形式平城遺構なし規模不明備考現在、城山公園 訪問日:2019年7月10日 沿革・詳細  井田城は、築城年は不明ながら、親氏の代...
城跡巡り

神明社(愛知県額田郡幸田町) 坂崎城跡鎮座

三河三奉行の一人「天野康景」の居館(坂崎城)跡に鎮座する神明社です。天野康景は徳川家康が竹千代の時代、駿府に人質として向かう際に付き添った武将の一人であり、坂崎に所領を得ていた武将になります。
2021.01.26
古墳巡り

青塚古墳と経塚古墳(愛知県額田郡幸田町)

 大久保彦左衛門忠教が知行地の陣屋として建てた「坂崎陣屋/紹介記事」の守護神と奉祀する為に八百富社が同じ坂崎の天神山から遷座されたのが坂崎陣屋の南型にある「経塚古墳」の墳丘上でした。そして、八百富社は現在の境内地に遷座するまで、お...
城跡巡り

坂崎陣屋(愛知県額田郡幸田町) 大久保氏陣屋

大久保忠員の八男「大久保彦左衛門忠教」が知行地である坂崎の地に構えた陣屋で、最終的に坂崎、龍泉寺など二千石を管理する陣屋となります。明治維新まで大久保氏の陣屋として機能し、維新後は役場や坂崎郷学校などが建てられるなど江戸時代から明治初期における坂崎地区の行政の中心でした。
2021.01.26
タイトルとURLをコピーしました