2019年2月、サイト名を「神社のある生活って」から「あいちを巡る生活って」に変更致しました。

三河新四国八十八ヶ所霊場

スポンサーリンク

三河新四国霊場とは?

一説には寛永二年(1626年)西加茂郷の浦野上人が開創したと伝えられています。しかし、この時の札所がどこだったのかなどその実態がわかる資料を確認することができません。(もしかしたら、札所だった寺院などに資料などが保管されている可能性もありますが、その札所がどこなのかが分からないのです・・・。)
時は下り、昭和二年十月二十一日、本四国霊場の会長でもあった「善通寺誕生院」貫主から弘法大師像と直傳證を拝受し、三河新四国霊場が開創されます。それまでの弘法大師霊場を基盤にしたのかそれとも全く新しく弘法大師霊場として開創したのかは不明です。ただ、直傳證を拝受して弘法大師霊場を開創する方法は、知多半島全体を霊場とする「四国直伝弘法」を開創した時と同じ方法になります。


四国直伝弘法の札所は「四国直伝弘法大師霊場札所一覧」を参照してください。

四国直伝弘法大師霊場
四国直傳弘法大師霊場とは? 大正14年10月7日、四国に似た風光明媚で温暖なこの地に「弘法大師」を奉安し、そのご威徳を慕い奉るという趣旨により、当時の四国八十八ヶ所霊場会長(善通寺誕生院貫主)より「四国直伝証」を拝受し「四国直伝弘法八...

この三河新四国霊場の開創に大きな影響を与えたのが当時、三河広瀬駅ー神谷駅(後の松木島駅)間において鉄道を運行していた「三河鐵道株式会社」になります。三河鐡道は最終的に両端を蒲郡駅、足助駅まで延伸する路線計画を抱いており、路線全体の乗客確保の一つに三河鐡道沿線に札所をおいた「三河新四国霊場」の開創があった事が想像できます。


この辺りの詳しい事は、当サイト別記事「三河鐵道と(旧)三河新四国霊場」を参照して下さい。

三河鐵道と(旧)三河新四国霊場
三河新四国霊場の歴史を考える。 三河新四国霊場は当ブログの記事の中にも、寛永二年(1626年)に西加茂郷の浦野上人が開創したと伝えられているという事を記載させて頂いていますし、色々な方のホームページなどを拝見させて頂いても同様な事が書かれ...

かくして開創された三河新四国霊場ですが、中々の苦難が襲い掛かります。昭和六年(1931年)、満州事変を切っ掛けに始まった日中戦争から太平洋戦争に至る十五年にも及ぶ戦争期間に突入していく事になります。戦線が拡大していき、遂には太平洋戦争が開戦する頃には、人々の生活環境はそれまで一変してしまっている事は想像に難くないですね。そんな中、昭和十六年には三河鐡道が名古屋鉄道に吸収合併され消滅。その路線の名称が三河線に変更されます。そして昭和二十年八月十五日「終戦」。

昭和二年に開創した所だった三河新四国霊場は自力で復興できるだけの力はなく、霊場全体が衰退、荒廃してしまいます。同じ愛知県の弘法大師霊場として知多四国霊場があるのでっすが、こちらは戦後もお遍路さんが途絶えることがなかったといいます。やはり開創百年を超えた歴史が持つ強さなんでしょうね。(ちなみに、ほぼ同時期に開創した四国直伝弘法も三河新四国同様に衰退してしまっています。)


昭和二年開創当時の三河新四国霊場札所一覧は「こちら」を参照して下さい。

(旧)三河新四国霊場の紹介
(旧)三河新四国霊場とは? 昭和二年、本四国霊場の会長でもあった「善通寺誕生院」の貫主が弘法大師像と直傳證を拝受し、写し四国霊場として開創されたのが(旧)三河新四国霊場になります。現在でも、当時拝受した直傳證が豊田市四郷町にある「水月...

 昭和三十九年(1964年)、札所だった一部の寺院が集まり「三河新四国霊場会」が発足し、札所の再編を行い、それまでの霊場とは大きく変わった三河新四国霊場が再興します。一番札所である知立市の総持寺から始まり、碧南市の法城寺までの八十八札所を巡る霊場となっています。ほかの弘法大師霊場と大きく異なる点として、札所が二か所指定されている寺院が多く、四十九ヶ寺を巡れば八十八ヶ所の札所を遍路できるという比較的遍路しやすいのが特徴です。

これは自分の所感なんですが、三河新四国霊場の開創に当たり、名古屋鉄道の影響が大きい様な気がします。実際、再編までの三河新四国霊場(以後、(旧)三河新四国霊場)には三河鐡道の影響が大きく、札所が三河鐡道沿線に置かれたということは前述していますが、再編後の三河新四国霊場を見ると、名古屋鉄道の沿線に大多数の札所が置かれています。(一部、廃線となり、現状では沿線から離れてしまった札所もありますが・・・)

札所再興五十五周年記念宝印

平成三十一年三月一日~令和元年六月十五日の期間において、「札所再興五十五周年記念宝印授与三河新四国総開帳」ということで、通常の朱印の他に、札所再興五十五周年記念の宝印を頂くことができます。ポスターなんかをみると、六月十五日を過ぎても今年中だと記念宝印が頂けるような感じなので、この機会に巡礼してみてはいかがですか?

三河新四国霊場を巡る

当サイトを見て頂いた方それぞれに廻り方があると思いますが、管理人である私がお勧めする御遍路の廻り方をご紹介します。ただし、かなり独特な廻り方をしますので、その特徴を書きに上げさせていただきます。

・三河新四国霊場の札所だけではなく、神社、史跡なども併せて訪ねていきます。
・また、他の霊場の札所もあれば巡拝していきます。
・交通手段が電車(バス)+徒歩や自家用車ではなく、バイクを使用しています。
・日数を要する廻り方ですので、短期間で遍路しようとする方には不向きかも。

三河新四国霊場の特徴として、地図を見ているとわかっていただけるかと思うのですが、札所の場所が「知立」「豊田」「岡崎」「豊川」「蒲郡」「碧南」と6ヶ所のエリアにそれぞれ集中しています。例外は西尾市にある2カ所の札所になりますか。最短で一泊二日で遍路できるという三河新四国霊場ですが、上記の理由もあり、最低でも6日をかけて巡っていきます。お付き合いの程、宜しくお願いします。

知立エリア

豊田エリア

岡崎エリア

豊川エリア

蒲郡・幡豆エリア

西尾エリア

西尾市街地には札所は二カ所しかありませんが、両札所とも西尾城のすぐ近くにあります。是非、勝山寺、縁心寺を訪れた際には、西尾の歴史に触れてみては?

伊文神社・・・・勝山寺・・・・崇覚寺・・・・康全寺・・・・西尾城・・・・御剣神社・・・・縁心寺・・・・天満宮・・・・盛厳寺・・・・実相寺

時間のある方は、上記の他に、御剣神社六坊と呼ばれる聖運寺、善福寺、浄賢寺を訪れてみてください。

 

碧南エリア

札所一覧

札所 寺院名 住所
1番 神路山 総持寺 知立市西町新川48
2番 大仙山 西福寺 刈谷市一ツ木町大師27
3番 天目山 密蔵院 刈谷市一里山町南弘法24
4番 八橋山 無量寿寺 知立市八橋町寺内61-1
5番 鈴木山 龍興寺 豊田市中町中郷98
6番 黄蘗殿(龍興寺)
7番 金谷山 三光寺 豊田市金谷町5-63
8番 護摩堂(三光寺)
9番 遍照山 光明寺 豊田市下市場町5-20
10番 直心殿(光明寺)
11番 瑠璃光山 薬師寺 豊田市越戸町梅盛55
12番 瑠璃殿(薬師寺)
13番 身掛山 観音院 豊田市越戸町松葉41
14番 場頭殿(観音院)
15番 金重山 広昌院 豊田市力石町井ノ上117
16番 金重殿(広昌院)
17番 猿投山 東昌寺 豊田市猿投町大城4
18番 大師堂(東昌寺)
19番 水月山 雲龍寺 豊田市四郷町山畑78
20番 如意殿(雲龍寺)
21番 成道山 大樹寺 岡崎市鴨田町広元5-1
22番 成道閣(大樹寺)
23番 荒井山 九品院 岡崎市鴨田町山畔9
24番 善光寺堂(九品院)
25番 龍北山 持法院 岡崎市井田町1-107
26番 大師堂(持法院)
27番 浄誓院 松本観音 岡崎市松本町1-21
28番 松本観音(浄誓院)
29番 金寶山 安心院 岡崎市明大寺町馬場東54
30番 金峯殿(安心院)
31番 萬燈山 吉祥院 岡崎市明大寺町仲ヶ入38-30
32番 大師堂(吉祥院)
33番 弘法山 明星院 岡崎市市場町元神山16
34番 大聖殿(明星院)
35番 二村山 法蔵寺 岡崎市本宿町寺山1
三河観音12番,三河七福神/恵比寿,新選組隊長「近藤勇」首塚
36番 二村山 勝徳寺 岡崎市本宿町寺山21
三河国准四国49番
37番 天神山 法厳寺 豊川市八幡町上宿43
38番 金剛殿(法厳寺)
39番 小林山 快泉院 豊川市大崎町小林42
40番 偏照殿(快泉院)
41番 松亀山 寿命院 豊川市三谷原町下西浦57
42番 仏木殿(寿命院)
43番 宮嶋山 徳宝院 豊川市下長山町北側101
44番 清龍殿(徳宝院)
45番 弘法山 金剛寺 蒲郡市三谷町南山1-9

札所 寺院名 住所
46番 奥之院(金剛寺) 蒲郡市三谷町南山1-9
47番 海平山 光昌寺 蒲郡市三谷町七舗65
48番 弘法堂(光昌寺)
49番 厳松山 善応寺 蒲郡市元町13-18
50番 厳松殿(善応寺)
51番 松全山 薬証寺 蒲郡市中央本町7-2
52番 大師堂(薬証寺)
53番 海性山 真如寺 蒲郡市形原町石橋11
54番 観音堂(真如寺)
55番 行基山 實相院 蒲郡市形原町東上松27
56番 行基殿(實相院)
57番 上野山 利生院 蒲郡市形原町東上野7
58番 観音堂(利生院)
59番 神田山 覚性院 蒲郡市西浦町北馬相11
60番 法楽殿(覚性院)
61番 西浦山 無量寺 蒲郡市西浦町日中30
62番 観音堂(無量寺)
63番 中尾山 千手院 西尾市東幡豆町山崎24-1
64番 不動堂(千手院)
65番 性海山 妙善寺 西尾市東幡豆町森66
66番 妙善寺 観音殿
67番 薬王山 太山寺 西尾市寺部町林添63
68番 粟嶋堂(太山寺)
69番 泰涼山 勝山寺 西尾市瓦町21
70番 明王殿(勝山寺)
71番 梅香山 縁心寺 西尾市中町56
72番 輝厳殿(縁心寺)
73番 多門山 妙福寺 碧南市志貴町2-61
74番 弘法堂(妙福寺)
75番 融通山 観音寺 碧南市築山町3-58
76番 融運殿(観音寺)
77番 東照山 称名寺 碧南市築山町2-66
78番 東照殿(称名寺)
79番 南松山 清浄院 碧南市築山町1-21
80番 南松殿(清浄院)
81番 南面山 海徳寺 碧南市音羽町1-60
82番 大仏殿(海徳寺)
83番 聖道山 常行院 碧南市本郷町3-38
84番 聖道殿(常行院)
85番 華慶山 林泉寺 碧南市本郷町3-8
86番 弘法堂(林泉寺)
87番 天王山 法城寺 碧南市天王町3-132
88番 天王殿(法城寺)
番外 弘法山 遍照院 知立市弘法町弘法山19
番外 豊川閣 妙厳寺 愛知県豊川市豊川町1

 

札所分布地図

スポンサーリンク
成瀬晃をフォローする
あいちを巡る生活って