伝説、伝承

ヤマトタケル東征伝説

名和古墳群(愛知県東海市名和町)

 名古屋市緑区大高町火上山に鎮座する「氷上姉子神社」の境外地となる場所に、円墳が三基寄り添った感じで築かれた「名和古墳群」があります。その立地から、埋葬者が尾張国造「乎止与命」、「建稲種命」、「宮簀媛命」が埋葬されたという説もある...
ヤマトタケル東征伝説

氷上姉子神社(名古屋緑区大高)

 ヤマトタケルから草薙剣を託され奉斎してきた「宮簀媛命(古事記では美夜受比売)」を御祭神として創祀された氷上姉子神社になります。現在は熱田神宮の境外摂社として熱田神宮によって管理されている様です。 神社紹介 神社名氷上...
ヤマトタケル東征伝説

熱田神宮末社元宮(名古屋市緑区大高町)建稲種命屋敷跡、氷上姉子神社元宮

 伊勢国から船を使い航路にて尾張国の「名和」に上陸したヤマトタケル率いる東征軍。伊勢湾横断に使用した船を海岸に生えている松の木に「縄」で縛った事から周辺の地名を「名和(なわ)」を呼ぶようになったという伝承が残っています。 火...
2020.09.23
ヤマトタケル東征伝説

船津神社(愛知県東海市名和町) ヤマトタケル東征尾張上陸の地

 東征を命じられたヤマトタケルが伊勢国から尾張国に向けて海路で向かったとされ、ここ船津神社の境内地周辺に上陸したというヤマトタケル東征の伝承地になります。祭神をみるとヤマトタケルとの結びつきは中々感じられないのですが、境内社に「源...
伝説、伝承

ヤマトタケル東征伝承地を尋ねるin愛知県

ヤマトタケルと東征  日本神話で最大の英雄と言えば「ヤマトタケル」で間違いない所かとおもいます。古事記では「倭建命」、日本書記では「日本武尊」と称されています。漢字表記する場合、一般的には日本書記の「日本武尊」になるかと思い...
2020.09.26
伝説、伝承

大友皇子伝説(愛知県岡崎市東大友町・西大友町)

 碧海郡の「ワシトリ」には延喜式内社「和志取神社」が鎮座し、その神社の御祭神は第十二代景行天皇の皇子で、「勅命により三河の地の逆臣、君主に背く者の討伐をしこの地を治めた。」とされる「五十狭城入彦皇子」であったとされ、二つの和志取...
2020.08.25
三河海岸大師八十八ヶ所

瑠璃山 香秀寺(西尾市八ツ尻町) 三河海岸大師 五十一番札所 -ヤマタノオロチ伝説が残る場所-

寺院情報 寺院名 瑠璃山 香秀寺 所在地 愛知県西尾市八ヶ尻町郷中七十二番地 御本尊 阿弥陀如来 宗 派 浄土宗西山深草派 創 建 不詳 札 所 三河海岸大師 ...
2019.05.05
伝説、伝承

犬神伝説(愛知県岡崎市)

犬神伝説(愛知県岡崎市) 伝承神社 ・糟目犬頭神社 ・犬尾神社 「貞和2年(1346)、上和田城主宇都宮泰藤が、糟目犬頭神社の近くで鷹狩をし、境内の大杉の下で休憩をしていた。ところが、大杉の上には大蛇がおり、泰藤を襲おう...
タイトルとURLをコピーしました