成瀬晃

愛知県岡崎市で「かばん・くつ✚革の病院ドクターレザーおかざき」を営んでいる成瀬と申します。 史跡、神社などを巡った事をなどをつぶやきつつ、お店のブログではつぶやけないような事も書いていこうかと思っています。

名所旧跡など

松重閘門(名古屋市中川区)

2024/6/14    

昭和初期に掘削された中川運河と堀川を結ぶために建設されたのが松重閘門になります。水位が異なった中川運河と堀川と結ぶ為には水位を調節する必要があり、それが松重閘門な訳です。

名古屋市中川区

神明社(名古屋市中川区山王)

2024/5/22    ,

名鉄「山王駅」から徒歩2分ほどの所に鎮座している神明社の紹介です。豊臣政権から徳川政権へ移行していく時代である慶長三年(1598年)に勧請創建された神社であると伝えられています。

名古屋市中川区

西古渡神社(名古屋市中川区尾頭橋)

2024/5/17    ,

名古屋市中川区尾頭橋に鎮座する西古渡神社の紹介です。江戸時代までは牛頭天王を祀る神仏習合の神社でしたが、明治になり建速須佐之男命を御祭神とする神社に改組しています。JR東海の尾頭橋駅の目の前に鎮座する神社です。

名古屋市熱田区

八幡社(名古屋市熱田区大宝)

2024/5/11    ,

名古屋市熱田区大宝に鎮座する八幡社の紹介です。元々現在のささしまライブ辺りに鎮座していたそうなのです、昭和初期の名古屋貨物駅開発に伴って現在の地に遷座したそうです。

名古屋市熱田区

熱田社(名古屋市熱田区二番)

2024/5/8    ,

名古屋市熱田区二番に鎮座する熱田社の紹介です。江戸時代の熱田新田二番割に据えられた「三十番神堂」が神仏判然令によって廃止された後にこの地の氏神として勧請創建された神社になります。

名古屋市熱田区

神明社(名古屋市熱田区四番)

2024/5/6    ,

名古屋市熱田区四番に鎮座する神明社の紹介です。社伝によると江戸時代に尾張藩によって開発された熱田新田において一番最初に勧請創建された神社になるようです。

名古屋市熱田区

八劔社(名古屋市熱田区一番)

2024/5/5    ,

名古屋市熱田区一番の産土神となる八劔社の紹介です。江戸時代になり尾張藩によって干拓された熱田新田の一番割の鎮守社として江戸時代後半に勧請創建された神社になります。

名古屋市熱田区

波限神社(名古屋市熱田区一番)

2024/5/5    ,

名古屋市熱田区一番に鎮座する「波限神社(なぎさじんじゃ)」の紹介です。社伝では加藤清正が勧請創建した神社であると伝えられている一方明治元年に創建されたという情報もあり、由来が謎めいている神社になります。

古墳巡り

宝塚古墳(三重県松阪市宝塚町)

令和六年に宝塚一号墳から出土した国重要文化財である「舟形埴輪」が”国宝”への指定が答申されたとして一躍紙面を賑わせました。そんな舟形埴輪が出土した宝塚古墳も昭和7年には国指定史跡になっているなど三重県を代表する古墳の一つになります。

古墳巡り

東谷山白鳥古墳(名古屋市守山区上志段味)

名古屋市守山区に点在する国の指定史跡「志段味古墳群」に含まれ、名古屋市内で唯一の築造当時の石室を有する円墳になります。

瀬戸市

八幡社(愛知県瀬戸市鹿乗町)

庄内川に架けられた鹿乗橋の近くに鎮座する八幡社の紹介です。八幡社の境内は遺構などは残っていませんが平安時代末期に築城された入尾城址になっています。

名所旧跡など

鹿乗橋(愛知県瀬戸市/春日井市)愛知県下新十名所

瀬戸市と春日井市との市境となっている庄内川に架けられた「鹿乗橋」の紹介です。愛知県下新十名所の投票において22位にランクインしており往時はかなり注目を集めていた観光地に架けられたランドマーク的な橋だった様です。

春日井市

三明神社(春日井市神領町)

春日井市神領町の鎮座する三明神社の紹介です。伝承では天平七年(735年)の創建とされる古社になります。江戸時代には熱田・八幡・白山を奉斎する三明神として奉斎されていたようです。

春日井市

医王山密蔵院(春日井市熊野町)

江戸時代には名古屋城三の丸に鎮座した東照宮の別当を務めた天長山尊寿院を兼務するなど尾張藩の強い庇護を受けた寺院になります。

名古屋市守山区

神明社(名古屋市守山区深沢1丁目)

名古屋市守山区深沢に鎮座する神明社の紹介です。現在では八幡神社の飛地境内社となっている神明社ですが、鎮座する場所は戦国時代に築かれた「吉根城」跡であると伝えられています。

名古屋市守山区 尾張四観音

松洞山龍泉寺(名古屋市守山区竜泉寺)尾張四観音

尾張四観音、尾張観音霊場にその名を連ねる名古屋市守山区にある天台宗「松洞山龍泉寺」の紹介です。寺伝では伝教大師(最澄)による創建であると伝えられる古刹であり、また弘法大師(空海)も参籠し宝剣を奉納したとも伝えられています。