成瀬晃

愛知県岡崎市で「かばん・くつ✚革の病院ドクターレザーおかざき」を営んでいる成瀬と申します。 史跡、神社などを巡った事をなどをつぶやきつつ、お店のブログではつぶやけないような事も書いていこうかと思っています。

城跡巡り

島田城(名古屋市天白区島田)

室町幕の初期に三管領と呼ばれる「斯波氏」が尾張国の交通の要所とされるこの地に城を築いたのが始まりであると伝えられている城で、後に斯波氏の末裔である「牧氏」が本城である小林城の出城として整備した。現在でもこの地には牧姓が多いという。

名古屋市天白区

菅田神社(名古屋市天白区菅田)

元々は若宮八幡社であったが、明治時代になって周辺の神社との合祀を経て、社名を島田神社→菅田神社と改称した神社となります。

名所旧跡など

野並相生山(名古屋市天白区野並)

名古屋市天白区に広がる相生山。現在は相生山緑地として保全が行われており、名古屋市として貴重な自然が広がる丘陵地域が広がる場所になります。相生山自体は明治から大正時代にかけて文化村として開発が行われ、愛知県下新十名所に選ばれています。

名古屋市天白区

八劔社(名古屋市天白区野並)

名古屋市天白区野並の東海通沿いに鎮座する日本武尊を主祭神とする八劔社の紹介です。伝承では熱田神宮の大宮司を歴代務めていた「千秋氏」がこの周辺を所領としていた事から、千秋氏所縁の神社になるそうです。

名古屋市緑区

(古鳴海)八幡社(名古屋市緑区鳴海町)

 古鳴海と呼ばれる地区に鎮座する八幡社の紹介です。鎌倉街道沿いに発展した古鳴海地区の鎮守社として古くから崇敬を集めている神社の様です。

名古屋市緑区

豊藤稲荷神社

名古屋市緑区作の山町の住宅地の真ん中に鎮座する豊藤稲荷社の紹介です。かなり広い範囲で崇敬を集めている稲荷社の様で、朱塗りの社殿が印象的な神社になります。

名古屋市緑区

諏訪社(名古屋市緑区相原郷)

名古屋市緑区相原郷に鎮座する諏訪社の紹介です。何時の頃か、戦の神として元々の産土神である熊野社に変わり相原郷に勧請創建された神社とも伝えられています。

名古屋市緑区

神明社(名古屋市緑区曽根)

現在は諏訪山に鎮座する諏訪社の飛地境内社となっている曽根に鎮座する旧孫社の神明社の紹介です。由緒は不詳ですが、元伊勢伝承が伝わっているんだとか。

名古屋市緑区

諏訪社(名古屋市緑区鳴海町)

名古屋市緑区の諏訪山に鎮座する諏訪社の紹介です。創建時期は不詳ですが、室町時代に瑞泉寺が建立された際には既に諏訪社が鎮座していたともされ、鎌倉時代から南北朝時代にかけての創建ではないかと考えられるそうです。

名所旧跡など

愛知県下新十名所巡りー相生山・八事山編ー

2022/8/14  

愛知県下新十名所とは?  愛知県新十名所選定100周年まであと5年という中途半端な時期ですが、これほどまでに当サイト名と合致する物はまずありえないだろうという事で、既に何ヶ所かは紹介させていただいてお ...

一宮市

高田波蘇伎神社

一宮市高田地区に鎮座する延喜式内社に比定されている高田波蘇伎神社の紹介です。江戸時代までは八幡宮と称しており、明治になり現在の社名に改称。一時期伊冨利部神社に合祀されていたとも言われている神社になります。

一宮市

甘露山極楽寺

一宮市大毛にある浄土宗の寺院である甘露山極楽寺の紹介です。延喜式内社である大毛神社のすぐ東側に境内を構え、鎮守社の天満宮が「大毛の天神様」として崇敬を集めています。

一宮市

大毛神社(愛知県一宮市大毛)延喜式内社

伝承では景行天皇の皇女である五百木入姫命ゆかりの人形を祀り「ひながたの宮」とも呼ばれた、延喜式神名帳にも記載されている大毛神社の紹介です。江戸時代には六所神社と呼ばれていました。

一宮市

十二所神社(愛知県一宮市光明寺)

一宮市光明寺に鎮座する十二所神社の紹介です。詳細は不明ながら元々は光明寺が別当を務めていた神社だった様です。

つぶやき

2022年7月6日のゲリラ豪雨

2022/7/8  

久々の雷雨  2022年7月6日(水曜日)・・・前日まで台風4号が接近していましたが、幸いなことに自分が住む愛知県ではそこまでの雨風を感じることなく5日の内に熱帯低気圧に変わって、本来なら最接近するは ...

一宮市

遍照山光明寺(愛知県一宮市光明寺)

 徳川家康がそれまでの名「元康」から「家康」に改称する切っ掛けとなった伝承が残る一宮市光明寺に建つ天台宗の寺院である遍照山光明寺の紹介です。