2019年2月、サイト名を「神社のある生活って」から「あいちを巡る生活って」に変更致しました。

御嶽教会での火祭り-2020

今年も「ドクターレザーおかざき」の近くに鎮座している木曽御本教額田教会にて執り行われた令和最初の”火祭り神事“に参加してきました。
息子が1歳11か月の時に初めて一緒に参加して以来4年連続での”火祭り神事“になります。

過去の火祭り参加記事

火祭りとは?

毎年の事ですが、三が日が過ぎた頃から、火祭りを告知する赤い幟が 木曽御嶽本教額田教会 の周辺に掲げられます。もう今年で四回目のリポートになるので、見慣れた光景と言えます。

最近、額田教会のホームページを見つけたので、拝見させて頂くと、どうやら火祭りは正式には”鎮火祭“と呼ぶようです。

鎮火祭は毎日使う火に感謝し一年お守りいただき、禍の火が起きないよう火災除けとして斎行いたします。
また、火渡り神事は各自が火を渡り、一年間の無病息災・家内安全を祈願いたします。

額田教会のホームページが出来ていたので紹介させて頂きます。

火祭り神事に参加

令和二年一月六日午後六時半、ちょっと早めに店を閉めて、すぐ近所に鎮座している「木曽御嶽本教額田教会」に今年も息子と一緒に向かいます。まずは社殿にて参拝。そして、「火渡り神事」に参加するために「火渡り守」を息子の分と合わせて二体購入。

写真だと水銀灯の影響で緑掛かって見えますが、実際にはここまで緑ではないんですけどね。

七時には、境内中央に積み上げられた木々に火付けの神事が行われます。

種火を起こす際、行者の方達が印を結んで念を込めています。

燃え滾る炎。今年は特に風がなかったのですが、それでも火が起す上昇気流で炎が高く燃え盛っています。

火が治まってくると、行者の方たちによって中央に渡道が作られ、いよいよ火渡り神事が行われます。まずは行者の方が火の中を渡っていきます。そしてその後、一般の方が渡り始めます。

昨年に続き、今年も息子は自分で渡ると張り切っていて、靴と靴下を率先して脱いで「がんばって渡るよ!」と意気込んでいました。

2019年中は大きな病気にかかることなく、穏やかな一年を過ごせたのも、この息子と参加し、無病息災を祈願しながら渡った火渡り神事のおかげだと思っています。

来年も、同じ1月6日に火渡り神事が行われるので、是非皆様ご参加されてみては?

投稿者プロフィール

成瀬晃ドクターレザーおかざき 店主
愛知県岡崎市で「かばん・くつ✚革の病院ドクターレザーおかざき」を営んでいる成瀬と申します。
史跡、神社などを巡った事をなどをつぶやきつつ、お店のブログではつぶやけないような事も書いていこうかと思っています。

コメント