名所旧跡など

犬飼港(蒲郡市竹谷町犬飼港)

犬飼湊とは?

竹谷城の目の前に広がっていた犬飼港。

松平郷、岩津から進出してきた松平氏としては、是が非でも抑えたかったのが湊なんだと思います。時代は下り、武田氏が今川氏を裏切ってまで駿府に進出したのも、海があったからだと言われているくらい、内陸の武将にとって海(湊)は是が非でも取りたい場所なんでしょうね。

石碑にもありますが、松平信光はこの犬飼港を抑えるがために、長男である守家をこの地の領主としたとまで言われています。宝飯郡と幡豆郡の間には海岸線まで山がせり出している様な地形になっていて、物流の主流は海路になっていたはずなので、犬飼港を押さえるという事は、三河湾沿岸の物流を押さえる事になる訳です。

その後、松平宗家が松平広忠の時代になると、三河を巡り、織田氏の三河進出が激しくなり、広忠は織田氏と対抗する為に今川氏の傘下に入ることを決断します。その際、息子である竹千代(後の徳川家康)を今川氏に人質に出すことになり、岡崎から駿府に向かう際、この犬飼港から航路で向かうのですが、この時船頭役として同船していたのが、渥美半島を治めていた田原城主戸田康光だったのですが、突如今川氏を裏切り、竹千代を織田氏の領地に届けてしまいます。

何故、戸田康光が今川氏を裏切ったのか真相は不明なのだそうですが、地理的に考えても、今川氏を裏切って織田氏に付くメリットが戸田氏にあるとは思えず、むしろ裏切ったら、周囲は今川氏もしくは今川氏に従属している武将で囲まれています。実際、戸田氏は今川氏の圧倒的な戦力の前に滅ぼされてしまいます。

そんな、家康の苦難の人質時代に突入する一つの舞台がこの犬飼湊になります。

訪問記

現在、犬飼港は、沖合に埋め立て地ができてしまった為、まるで入江の様な風景になってしまっています。

ボートを泊めるには波も静かですし、適しているんでしょうね。

江戸時代の頃まで、この場所を商船が行き交っていたとは中々想像できませんが、訪れる人も少ないであろうこの場所も歴史の中に名を残している場所なんだという事を覚えていきたいですね。

-名所旧跡など