2019年2月、サイト名を「神社のある生活って」から「あいちを巡る生活って」に変更致しました。

宝泉山福生寺(愛知県知多市新知東町) 知多四国霊場七十八番

スポンサーリンク

寺院情報

寺院名 宝泉山福生寺
所在地 愛知県知多市新知東町一丁目八-三
御本尊 不動明王
宗 派 真言宗豊山派
創 建 永禄三年(1560年)
札 所 知多四国霊場 七十八番札所
御朱印
H P

参拝日:2019年11月21日

知多四国霊場札所一覧

沿革・由緒

永禄三年(1560年)に法印精真によって開創されますが、それ以降の変遷については大正二年の大火にあって、過去の書物、古文書一切が消失してしまった為不明です。

そんな福生寺にあって、唯一大正の大火から生き残った物が「やけん大黒天」になります。本堂、庫裏など悉く消失してしまった中、30センチほどの木製の大黒様がほぼ無事な姿で見つけ出されたそうです。奇跡の生還、それ以来、火伏の神としてこの地域で信仰されているそうです。

知多四国霊場を行く。

佐布里五カ寺の納経を終え、知多四国霊場を開創した「亮山阿闍梨」が「白泉山 妙楽寺」の住職を辞し、隠居後移り住んでいた「宝泉山福生寺」を目指します。

福生寺周辺は、区画整理が行われて発展著しい地域となっています。遍路で福生寺に向かう際、目印となるのが、福生寺の隣にある大型ショッピングモール(イトーヨーカドー)になります。
区画整理が行われて住所も変わってしまったと思うのですが、福生寺のすぐ隣の地名が「宝泉坊」といいます。尾州雑誌の寛文覚書には「宝泉坊」と記載があるそうです。何時頃福生寺に改称されたのかは不明ですが、地名にはその歴史が刻まれています。○○丁目とかの住所にしたほうが管理しやすいのは解るのですが、地名に込められた昔の人達の記憶が亡くなってしまうのが寂しいなと思います。

知多四国霊場を行く-11日目-旅行記

参拝記

「新知東町1丁目交差点」の角にあるのが福生寺になります。道路を挟んですぐ隣にイトーヨーカドーがあるのが見えますね。

駐車場は、かなり広く用意されているので、車での遍路でも問題ないですね。

山門

石段を上った先に石柱門が設けられている福生寺の境内入口になります。一段の途中では、

「知多郡新四国第七十八番札所福生寺」と彫られています。

今では、「知多四国」と称しているこの弘法大師霊場も、以前は「知多郡新四国」と呼ばれていたんですね。

手水舎・水盤

むくり屋根の切妻瓦葺四本柱タイプの手水舎になります。軒に行くほど屋根勾配が急になるので雨水の切れがいいのが特徴で、何やら日本独自の屋根形状なんだとか。

本堂

寄棟造瓦葺平入の本堂になります。本堂前面には濡れ縁が設けられています。本堂の向かって左側に知多四国霊場札所本尊の弘法大師像が奉安されています。

「南無大師遍照金剛」「南無大師遍照金剛」「南無大師遍照金剛」・・・

やけん大黒天

本堂前に据えられているコンクリート造りのやけん大黒天像になります。信者の方から奉納された物になるそうで、奉納者の手作りなんだとか。当然、こちらのやけん大黒天は、火災から生き延びた大黒天像をオマージュして作られた物であり、本物は弘法大師像の前に奉安されています。

弘法大師像を紹介している写真にこっそり写っています「やけん大黒天」を切り出してみました。大黒天像の脇に建っている像は・・・恵比寿様?・・

奉納された「やけん大黒天」はかなり似ている事がわかりますね。

御朱印

参拝を終えて

亮山阿闍梨が隠居後に住み、そして亡くなった寺院であるそうです。納経後、記事を書くために調べていたらそんな事が書かれている資料に出会いました。そうだったのか・・・・色々写真を見ていたんですがそれを示すような写真が無く、もしかしたら大正の火災後そういった遺構も無くなってしまったのかなと・・・。

雑誌・マンガに加えて旅行雑誌の定番”るるぶ”も月額500円(税抜)で読み放題!

やはり、旅先の情報はネット検索もいいですが、るるぶなどの旅行ガイド雑誌が一番ではないかなと思います。ネット情報はどうしてもディープになりがちで、いざ旅行に行こうと思っても、俯瞰的な情報が不足しがちな気がします。 やっぱり、”るるぶ”を見ながら、旅の予定表を作っていくのも、旅行の醍醐味ですよね。

所在地を地図で確認

寺院名 宝泉山福生寺
所在地 愛知県知多市新知東町一丁目八-三
最寄駅 名古屋鉄道常滑線「古見駅」徒歩20分

寺院・霊場巡りの際のバイブルに

元々、当サイトは神社巡りを通じて、皆様の住んでいる所にある”村の鎮守の神様”と呼ばれる神社を紹介してくサイトを目指していたんです。むしろ寺院については、縁遠いものとおもっていたんですよね。しかし、ちょっとした御縁で弘法大師霊場に出会い、そして愛知県では一番活動が盛んな”知多四国霊場”を巡礼、結願する事になりました。でも、神社の事はある程度知識があっても、寺院については未知の世界だったので、少しでも巡礼の時に役に立てばと思い、こちらの本を読ませて頂いております。

仏像とお寺の解剖図鑑 | スタジオワーク |本 | 通販 | Amazon
Amazonでスタジオワークの仏像とお寺の解剖図鑑。アマゾンならポイント還元本が多数。スタジオワーク作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また仏像とお寺の解剖図鑑もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

少しでも巡礼の時にお役に立てる事もあるかと思います。是非一度読んでみてくださいませ。

次の目的地は?

知多四国霊場を開山した「亮山阿闍梨」が住職を務めていた知多四国霊場七十九番札所であり開山所でもある「白泉山 妙楽寺」を目指します。名鉄常滑線「古見駅」からすぐ近くの場所にあるので交通アクセスも非常に良い寺院でもあります。

投稿者プロフィール

成瀬晃ドクターレザーおかざき 店主
愛知県岡崎市で「かばん・くつ✚革の病院ドクターレザーおかざき」を営んでいる成瀬と申します。
史跡、神社などを巡った事をなどをつぶやきつつ、お店のブログではつぶやけないような事も書いていこうかと思っています。

コメント