2019年2月、サイト名を「神社のある生活って」から「あいちを巡る生活って」に変更致しました。

雨宝山浄蓮寺(愛知県知多市佐布里町) 知多四国霊場七十七番札所

スポンサーリンク

寺院情報

寺院名 雨宝山浄蓮寺
所在地 愛知県知多市佐布里町地蔵脇三十六番地
御本尊 不動明王
宗 派 真言宗豊山派
創 建 元暦元年(1184年)
札 所 知多四国霊場 七十七番札所
御朱印
H P

参拝日:2018年11月21日

知多四国霊場札所一覧

沿革・由緒

後鳥羽天皇の勅願寺として元暦元年(1184年)に建立された「雨宝山如意寺正法院」の一坊である浄蓮坊が今回納経する「雨宝山浄蓮寺」となります。

一山八坊の規模を誇る巨刹だった「雨宝山如意寺正法院」ですが、現在までその名を残しているのは七十四番札所「密厳寺」と七十七番札所「浄蓮寺」の二坊のみとなってしまっています。

知多四国霊場を行く

佐布里五カ寺も最後の浄蓮寺の参拝となります。
浄蓮寺は、佐布里五カ寺でも一番県道に近い場所に建っているので、知多四国霊場を巡拝する時一番最初に目に入ってくる佐布里五カ寺の寺院になっていますね。

参拝した時には気付かなかったのですが、弘法大師が立てた杖から、芽が出来て竹藪になり、その竹で箸を作ったと伝えられます。
七十七歳は喜寿と言う語呂から、七十七番札所という事で、浄蓮寺には「長寿箸」「中風除け箸」等が有り、参拝者に喜ばれているそうですよ。

参拝記

前述していますが、佐布里五カ寺で一番県道側に建っている為、いわば佐布里五カ寺の顔ともいえる浄蓮寺になります。その為、他の寺院と異なり、県道側に寺号標が設けられています。

寺号標

「雨寶山浄蓮寺」と彫られた寺号標とその脇には知多四国霊場札所案内石柱が据えられています。さらにその脇にはお地蔵様がいらっしゃいます。

手水舎

各柱に転びが付けられた木造瓦葺四本柱タイプの手水舎になります。

あまり注目する事が無いのですが、水盤に「大日如来」と彫られています。仏様の名前?を彫っている水盤って正直あまり見かけないんですが。

水盤の脇に奉安されている石像が大日如来像なのでしょうか・・・・。

なんにせよ、珍しい水盤であることは間違いないかと思います。

本堂

寄棟造瓦葺平入の向拝と濡れ縁が設けられている本堂になります。

本堂というよりは、御堂といった雰囲気でしょうか。

中央に本尊である「不動明王」が奉安され、その向かって右側に札所本尊である「弘法大師像」が奉安されています。

「南無大師遍照金剛」「南無大師遍照金剛」「南無大師遍照金剛」・・・

御朱印

参拝を終えて

正法院、誕生堂、密厳寺、如意寺と続いて、今回浄蓮寺を納経することで「佐布里五カ寺」すべてを参拝する事が出来ました。ここ佐布里五カ寺のよく似た感じで、大井の医王寺を含む五カ寺があります。医王寺の方は各寺院が密集しており本山と塔頭の関係などが感じられるのですが、こちら佐布里五カ寺は寺院が建っている周囲の地形などから昔は一山八坊の寺院が建っていたんだろうなあと思わせてくれます。これだけの規模を誇った寺院でも時代が移るにつれ荒廃からは逃れる事が出来なかったようで、天台宗から真言宗に改宗した上で「萬徳寺」の末寺として再興したとか。

「萬徳寺」はJR稲沢駅からほど近い場所にあるので、近いうちに参拝に行ってみたいと思います。

雑誌・マンガに加えて旅行雑誌の定番”るるぶ”も月額500円(税抜)で読み放題!

やはり、旅先の情報はネット検索もいいですが、るるぶなどの旅行ガイド雑誌が一番ではないかなと思います。ネット情報はどうしてもディープになりがちで、いざ旅行に行こうと思っても、俯瞰的な情報が不足しがちな気がします。 やっぱり、”るるぶ”を見ながら、旅の予定表を作っていくのも、旅行の醍醐味ですよね。

所在地を地図で確認

寺院名 雨寶山浄蓮寺
所在地 愛知県知多市佐布里町地蔵脇三十六番
最寄駅 知多乗合バス「佐布里保育園前バス停」徒歩3分

寺院・霊場巡りの際のバイブルに

元々、当サイトは神社巡りを通じて、皆様の住んでいる所にある”村の鎮守の神様”と呼ばれる神社を紹介してくサイトを目指していたんです。むしろ寺院については、縁遠いものとおもっていたんですよね。しかし、ちょっとした御縁で弘法大師霊場に出会い、そして愛知県では一番活動が盛んな”知多四国霊場”を巡礼、結願する事になりました。でも、神社の事はある程度知識があっても、寺院については未知の世界だったので、少しでも巡礼の時に役に立てばと思い、こちらの本を読ませて頂いております。

仏像とお寺の解剖図鑑 | スタジオワーク |本 | 通販 | Amazon
Amazonでスタジオワークの仏像とお寺の解剖図鑑。アマゾンならポイント還元本が多数。スタジオワーク作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また仏像とお寺の解剖図鑑もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

少しでも巡礼の時にお役に立てる事もあるかと思います。是非一度読んでみてくださいませ。

知多四国霊場を行く

佐布里五カ寺の納経を終え、次は知多四国霊場七十八番札所「宝泉山 福生寺」を目指します。福生寺は知多四国霊場を開創した「亮山阿闍梨」が亡くなった寺としても知られているそうです。

投稿者プロフィール

成瀬晃ドクターレザーおかざき 店主
愛知県岡崎市で「かばん・くつ✚革の病院ドクターレザーおかざき」を営んでいる成瀬と申します。
史跡、神社などを巡った事をなどをつぶやきつつ、お店のブログではつぶやけないような事も書いていこうかと思っています。

コメント