秋葉山常夜燈(西尾市吉良町小山田地内)

常夜燈データ

種  別  秋葉山常夜燈 建立年月  嘉永年間建立
設置場所  西尾市吉良町小山田東山地内
形  状  宮立型(宮前型) 基壇3段、土台石6段
竿部刻印  正面「常夜燈」左面「解読不能」
台石刻印  なし
火袋台石刻印  なし

常夜燈訪問記

小山田東山地区に鎮座する「八幡社」から150mほど西に進んだところに鎮座するのがこの常夜燈になります。東山地区を抜ける旧街道沿いに鎮座しています。

八幡社(西尾市吉良町小山田)

カーブの頂点部分に鎮座してまして、常夜燈脇にカーブミラーが建っています。

基壇の石垣はコンクリートを使って固められていますね。土台石は、6段も有しており、非常に細かく段を重ねています。ただ、基壇が土台石と比べると少々大きいかな?

常夜燈の後ろには、まだ新しい香りのするお札入れの石神棚が置かれてます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
秋葉山常夜燈
成瀬晃をフォローする
あいちを巡る生活って

コメント

タイトルとURLをコピーしました