2019年2月、サイト名を「神社のある生活って」から「あいちを巡る生活って」に変更致しました。

秋葉山常夜燈(西尾市吉良町吉田西郷地内)

スポンサーリンク

常夜燈データ

種  別  秋葉山常夜燈 建立年月  文政八年建立
設置場所  愛知県西尾市吉良町吉田西郷地内
形  状  宮立型(宮前型) 基壇2段、土台石2段
竿部刻印  正面「秋葉山常夜燈」左面「文政八酉載八月」
台石刻印  正面「村中安全」
火袋台石刻印  なし

訪問記

高河原公民館のすぐ隣に建っているのがこの常夜燈になります。
玉垣も擁しており、常夜燈というよりもはや秋葉神社といった感じですが。

ここの常夜燈の特徴としては、竿石、火袋石共に他の常夜燈と比べると縦長な印象を持ちます。

あと土台石の部分に波模様が彫られています。土台石部分の装飾も少数派ですね。

竿石には建立年が彫られているのですが、文政八酉まではわかるのですが、載八・・・、削れてしまって不明ですが、八月吉日かな?八酉載とはなんでしょうか。

左手に見切れてるのは高河原公民館になり、常夜燈との間は一見道路の様に見えますが、実は用水が流れており、暗渠部分にります。倉庫の向こうは暗渠部分が終わり用水路を見ることができますよ。

投稿者プロフィール

成瀬晃ドクターレザーおかざき 店主
愛知県岡崎市で「かばん・くつ✚革の病院ドクターレザーおかざき」を営んでいる成瀬と申します。
史跡、神社などを巡った事をなどをつぶやきつつ、お店のブログではつぶやけないような事も書いていこうかと思っています。

コメント