秋葉山常夜燈(西尾市刈宿町)・熊野神社境内

常夜燈データ

種  別 秋葉山常夜燈 建立年月 建立年不詳
設置場所 西尾市刈宿町後畑五十七番地
形  状 立型(宮前型) 基壇二段型、土台石四段
竿部刻印 正面「常夜燈」
台石刻印 正面「邨中安全」
火袋台石刻印 正面「秋葉山」

訪問記

西尾市刈宿町に鎮座する熊野神社の正面に置かれている常夜燈になります。神社正面側からみても非常に目立つ常夜燈ですね。

鳥居の間に建つ常夜燈・・・非常に絵になりますね。

境内社として全体を見ると、常夜燈、鳥居も擁し、更に蝋燭台や灯篭、水盤まであるので、立派な秋葉神社なんですよね。

ここの常夜燈は火袋石の部分が石ではなくガラスをはめ込んだ木枠になっています。これだったら蝋燭でも火が消える事ないですねえ。

ただ、この木枠がいつまでもつのかな?

火袋石が破損した場合、新たに石製で作り直すのもありだとおもいますが、使いやすさを考えてこういったカスタマイズ(?)もありですよね。

投稿者プロフィール

成瀬晃ドクターレザーおかざき 店主
愛知県岡崎市で「かばん・くつ✚革の病院ドクターレザーおかざき」を営んでいる成瀬と申します。
史跡、神社などを巡った事をなどをつぶやきつつ、お店のブログではつぶやけないような事も書いていこうかと思っています。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
秋葉山常夜燈
シェアする
成瀬晃をフォローする
あいちを巡る生活って

コメント