光明山 安徳寺(東浦町藤江) 知多新四国霊場 十一番札所

光明山 安徳寺

知多新四国霊場を行く

十番札所である「福聚山 観音寺」の参拝を終えて、十一番札所「光明山 安徳寺」に向けて出発します。観音寺を出発してから国道366号線に出るまで、非常に道幅が狭い道路になるので、特に注意が必要です。

福聚山 観音寺(東浦町生路) 知多新四国霊場 十番札所
知多新四国霊場を行く 知多新四国霊場九番札所「浄土山 明徳寺」の参拝を終え、十番札所「福聚山 観音寺」を目指して東浦町を南下していきます。 国道366号線にもどり、東浦町体育館の看板がある路地を右折していくのですが、ここ...

国道366号線に出たら南に向かいます。

地図の様に、国道から見ると旧道に沿う形で安徳寺が建っているのですが、自分が巡礼に廻った時、周囲に目印となる看板などが見当たらず、一瞬道に迷ってしまいました。
素直にカーナビを設定すればいいでしょうが、都度設定するのが面倒なので「感」で走ると大変なことになるので注意が必要です。

寺院情報

寺院名:光明山 安徳寺
鎮座地:愛知県知多郡東浦町大字藤江字西之宮八十二番地
本 尊:釈迦牟尼仏
宗 派:曹洞宗
創 建:天文十九年(1550年)
札 所:知多新四国霊場 十一番札所
H P:-
御朱印:〇

参拝日:2018年5月16日

沿革・由緒

天文十九年(1550年)の開創といわれ、当時低地にあったため水害に苦しみ、享保の頃大火にあい焼失したという。安徳寺一世住職となった保山寽敢和尚が享保八年(1723年)、現在地に堂を建立して以来、現住職で十四世になる。
恵心僧都の作として知られる薬師如来は新築なった薬師堂に安置されている。

「知多四国巡り」より

・恵心僧都の作として知られる薬師如来像は東浦町の指定文化財

町指定文化財|東浦町
【乾坤院山門】(けんこんいん さんもん)天和2年(1682年)建立。3間1戸の二重門で、屋根は入母屋造りで銅瓦葺となっていますが、当初は茅葺又は檜皮葺であったと思われます。2階は周囲に回廊をめぐらし、正面中央に桟唐戸が設けられています。全体に禅様式で統一され、小規模ながら県内の数少ない二重門として貴重な建物です。

参拝記

ここ安徳寺も旧道に面している為、寺社前の道路は非常に狭くなっています。
車社会になる以前の道路はこれくらいの幅があれば十分だったんでしょうね。

境内入口

駐車場は、この石柱門をくぐった境内に設けられています。
石柱門の手前には知多新四国霊場十一番札所の石柱が建てられています。

山門は、写真を見て頂ければわかると思いますが、かなり奥まった場所に建っていますね。

山門

四脚門の山門になるのですが、扉が設けられていませんね。
そうそう、山門前に石柱が建っていますよね。

「不許葷酒入山門」

と書かれています。この文言が彫られた石柱は、寺社を巡っていると結構建っています。当たり前に立っていて見落としている方も多いかも知れませんね。

「不許葷酒入山門」とは?


単純に読めば、「葷酒は入山、入門することは許さず」という意味です。
では葷酒とは何ぞや?
酒はまさにお酒です。
葷はねぎ科などの刺激臭のする植物の事を指すようで、ニラ、ネギ、ニンニク、ラッキョウ、ショウガを五葷、または五辛と呼び、仏教の世界では食べることが禁止されたそうです。さらに日本や中国では鳥獣魚肉をも指すそうで、まさに精進料理しかとることができないという意味になりますね。

手水舎・水盤

山門を潜った先に、水盤が置かれているのですが、写真を撮り忘れてしまいました・・・。

本堂

入母屋造瓦葺平入向拝の設けられた本堂になります。

本堂の扉が空いていたので、中に入らせて頂き参拝。

本堂の欄間に掲げられた山号の扁額です。
光の山と最初読んでしまったのは・・・自分だけではないと思いたい・・・。

弘法堂

この安徳寺の弘法堂は本堂の右側側に寄り添う様な形で設けられています。
なんか、造り的にはおまけの様な感じがしてしまいますねえ・・・。

ちょっと引いた感じで見てもらうと、自分が感じた事が解ってもらえるかなと。

この写真で、しっかりと弘法大師像の手の部分に紐がくくられているのがよくわかっていただけると思います。この紐を握ることで大師様の力を感じ取ってください。

・・

「南無大師遍照金剛」「南無大師遍照金剛」「南無大師遍照金剛」・・・・

弘法堂の脇には、元々なんらかの建物が建っていたであろう基石などが残っています。
何がここに建っていたんでしょうか。

御朱印

参拝を終えて

明治時代の頃まで、安徳寺周辺の海沿いは塩田が広がっていたそうです。
度々、台風などが来ると水害が発生していた事など、何となく西尾市の一色、吉良の沿岸を思い浮かべてしまいますね。

この安徳寺の境内に学校があったようですね。

あと、由緒書きの創建年と看板の創建年が異なっています・・・さて、どちらが正しいのかな?。

次の目的地は?

十一番札所「光明山 安徳寺」の参拝を終え、東浦町を出て半田市にある十二番札所「徳応山 福住寺」を目指します。

徳応山 福住寺(半田市有脇町) 知多四国霊場 十二番札所
知多新四国霊場を行く 十一番札所「光明山 安徳寺」を後に、東浦町から半田市に入り、有脇地区にある十二番札所「徳応山 福住寺」を目指します。有脇地区は半田市の北端に位置し、東浦町と阿久比町に面してます。 寺院情報 寺院名:徳...

コメント

タイトルとURLをコピーしました