彦田神社(西尾市西幡豆町)

神社情報

神社名:彦田神社
鎮座地:西尾市東幡豆町彦田前一番地
御祭神:火産霊命、奥津比売命
旧社格:無格社
創 建:不明
境内社:弁天神社、白龍神社、庚申神社、御鍬神社、秋葉神社、御嶽神社
例大祭:十月十八日
御朱印:-
H P:ー

参拝日:2018年9月11日

御由緒

創建は明らかではない。宝永年間(1704-10年)の社殿再建の棟札あり。明治六年一月破却とされたが、明治十一年四月五日、据置公許となる。

愛知県神社庁 発刊
「愛知県神社名鑑」より

参拝記

東幡豆小学校の体育館脇と言える場所に鎮座しているのが今回紹介する彦田神社になります。

ストリートビューで彦田神社と東幡豆小学校との位置関係をご覧ください。奥に見えるのが東幡豆小学校の体育館になります。

また、以前紹介した”千手院”からもほど近い場所に鎮座しています。

中尾山 千手院(西尾市東幡豆町) (旧)三河新四国 八番札所
寺院情報 寺院名 中尾山 千手院 所在地 愛知県西尾市東幡豆町山崎二十四番地一 御本尊 千手観音菩薩 宗 派 真言宗醍醐派 創 建 文安三年(1446年) 札 所...

境内入口

境内入口としては、これぞ神社って感じのごく一般的な構造物の配置かなって思います。
ただ、境内入口時代は石段になっていて、鳥居の下を車が通行できなくなっているのはいい感じかなと思います。

社号標

昭和十二年製の社号標になります。無格社なので旧社格は彫られていませんね。

鳥居

昭和十二年製の扁額が設けられた明神鳥居になります。

手水舎・水盤

銅葺の二本柱タイプの手水舎になります。
非常に独特な目を引くスタイルの手水舎ですね。

あと特徴的なのは、水盤に被された切妻型の蓋の様な物ですね。これは一体何なのでしょうかね?中央部分に穴が開いているので、手を清める際にはこの穴に柄杓を入れて水をすくうスタイルなのかな。

狛犬

昭和十二年生まれの狛犬一対になります。

社殿

改めて社殿を望みます。
ここの彦田神社の拝殿の屋根様式は非常に凝っていて、向拝が設けられた入母屋造の屋根に千鳥破風が設けられており、さらに向拝部分には唐破風が設けられています。

拝殿は非常に凝った造りになっていますが、本殿が鎮座している部分は非常に質素な覆殿が設けられていますね。
資料では流造の本殿が鎮座しているそうです。

境内社

社殿向かって左手に鎮座している弁天神社になります。

こちらがたぶん白龍神社・・・かな?

社殿向かって右手には、境内社の相殿が鎮座しています。
左から庚申神社、御鍬神社、秋葉神社、御嶽神社になります。

そして・・・、相殿の前には秋葉山常夜燈が置かれています。この常夜燈についてはまた次回紹介します。

懸魚・鬼瓦

鰭付きの二重懸魚になります。下段の方は猪の目懸魚ですね。
二重懸魚は非常に珍しい懸魚になりますので、ぜひ見てもらいたい所ですね。

参拝を終えて

明治政府の国家神道としての神社を整備していく際に、一度は破却扱いとされた神社で数年後に改めて据置公許を受けた珍しいケースの神社だと思います。破却扱いされると近くの神社に統合されていくはずなのですが、何らかの原因で統合されてなかったのかもしれませんね。

地図で鎮座地を確認

ご自宅にお札は祀られていますか?

実家には神棚はあっても、今お住いの所には神棚がない方も多いかと思います。神棚には、日本の氏神である”天照大御神”とご自身がお住いの氏神様のお札を掲げると御神徳が宿るとされています。
賃貸住宅などに住まわれて簡単に神棚を掲げられないという方もお勧めなのが、

Amazon | 仏縁堂ブランド:リアルさ違いますよ・鳥居付神棚(ITSUKU)総檜 お札立て お札入れ 朱印帳立て | 仏縁堂 | 神棚 通販
仏縁堂ブランド:リアルさ違いますよ・鳥居付神棚(ITSUKU)総檜 お札立て お札入れ 朱印帳立てが神棚ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

南向き、もしくは東向きになる様に、そして目線の高さより上になる様に、棚などの上において頂くとよいかと思います。是非、皆様もご自宅に神棚をご用意いただき、御札を納めてほしいなと思います。

神社誌作成プロジェクト

投稿者プロフィール

成瀬晃ドクターレザーおかざき 店主
愛知県岡崎市で「かばん・くつ✚革の病院ドクターレザーおかざき」を営んでいる成瀬と申します。
史跡、神社などを巡った事をなどをつぶやきつつ、お店のブログではつぶやけないような事も書いていこうかと思っています。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
西尾市
シェアする
成瀬晃をフォローする
あいちを巡る生活って

コメント