2019年2月、サイト名を「神社のある生活って」から「あいちを巡る生活って」に変更致しました。

西林寺(西尾市吉良町瀬戸) 三河海岸大師八十四番札所

東条吉良氏の宿老だった富永氏の香華所(菩提寺)だったとされるのが今回紹介する西林寺になります。ただ、以前紹介した吉良町寺嶋に鎮座する大通院も富永氏の菩提寺とされているので、途中から西林寺から大通院に菩提寺を替えたのかもしれませんね。

寺院情報

寺院名:覺樹山 西林寺
鎮座地:愛知県西尾市吉良町瀬戸宮西三番地
本 尊:不明
宗 派:浄土宗西山深草派
創 建:不明
H P:-
札 所:三河海岸大師 八十四番札所
札 所:東条吉良三十三観音 二十六番札所

参拝記

西尾市吉良町瀬戸に鎮座する瀬門神社と境内を接する場所に鎮座するのが西林寺になります。
現在ではアイシン高岡の工場などの工場団地が寺院目の前に作られている為、無住の寺院なんですが比較的開放的な雰囲気がある寺院だとおもいます。

山門脇には、西尾市の天然記念物の大椎がそびえています。

パワースポットという言葉はあまり好きではないんですが、ここの大椎を見ていると何か感じるものはありますね。それを気を感じるとかパワーを感じるとか取り方は人ぞれぞれですが、自分の中でこういった大木を見て何か思う事が大切なんだと思いますけどね。

案内板にはこの辺りはスギや椎が生い茂っており、この大椎が西端に当たることから覚樹山西林寺と称したといわれているそうです。ちなみに樹齢は700年

まさに、南北朝時代・・この辺りに足利氏が進出してきて、吉良氏が誕生しこの辺りを納めていったあたりからこの場所を見守り続けていたんですね。富永氏はもちろんの事、今川義元や徳川家康もこの大椎を見上げていったんですかね。

扉のない四柱門の山門になります。四柱門の中でも質素な造りの方かなと思います。

切妻瓦葺妻入りの向拝が設けられた本堂になるんですが、造り的に仮本堂と言われてもおかしくない簡素な造りになっています。
本堂扉は無住の為、固く締められていています。

本堂裏の崖の上に鎮座する鎮守の祠にですね。何が祀られているのかは不明です。

投稿者プロフィール

成瀬晃ドクターレザーおかざき 店主
愛知県岡崎市で「かばん・くつ✚革の病院ドクターレザーおかざき」を営んでいる成瀬と申します。
史跡、神社などを巡った事をなどをつぶやきつつ、お店のブログではつぶやけないような事も書いていこうかと思っています。

コメント