2019年2月、サイト名を「神社のある生活って」から「あいちを巡る生活って」に変更致しました。

愛知県を中心とした各霊場紹介

スポンサーリンク

神社紹介ブログのはずが、霊場巡りを始めた訳

当ブログは、ブログ名からもわかる通り、元々神社を紹介するブログとしてスタートしています。しかし、神社を参拝し由緒などを調べていくうちに、神社だけではなくその地域の歴史なんかも触れる機会が植えてきました。

そんな中、西尾市寺津町周辺の歴史探訪をしていた時、行く先々で「海岸大師 〇番札所」の石碑が据えられていることに気づきました。最初、海岸大師って誰?ってぐらいの感覚だったのですが、それが明治~大正の頃の弘法大師霊場だと知り、三河新四国霊場以外にも身近な場所に新四国霊場があるんだとこの時知ったわけです。

三河海岸大師霊場の石碑を掲げている寺院の多さを考えると、その昔、結構霊場巡りをされていた方は多かったんじゃないかな?って想像してしまいます。もしかしたら、全盛期?の頃は納経帳もしくは御朱印があったのかもしれませんね。

さらに、現在では複数の札所になっている寺院も存在し、三河海岸大師霊場以外にも様々な霊場が存在していることを知り、さらに霊場巡りに興味がでてきました。

正直、今までは寺院はお墓参りと京都などの清水寺なんかの観光目的の参拝以外では全く参拝したことはなく、むしろ未知との遭遇の様な感じでした。ですので、寺院建築などさっぱりわからず、手探りでの参拝になっている気がしますが、気長に巡礼をしていこうと思っています。

そこで、最初にも述べてますが、元々神社を紹介するサイトなんですが、愛知県が中心とはなりますが様々な霊場の紹介もしていこうと思います。

弘法大師霊場

尾張

知多四国霊場 札所一覧
知多半島全体が霊場となっている霊場になり、2018年に開創210周年を迎えました。現在でも非常に巡礼者が多く、八十八ヶ所+番外・開山所など合計九十八ヶ所を18回に分けて最寄りの駅から歩いて巡礼を行うイベント「歩いて巡礼知多四国」が名鉄主催で毎年行われています。毎回参加者が2000人を超えるんだとか。

・専用納経帳があります。

四国直傳弘法大師 札所一覧
大正14年に開創された比較的新しい霊場になります。四国の八十八ヶ所霊場会長より「四国直伝証」を拝受して創設されたそうです。知多新四国霊場と同じく知多半島全体が霊場となっています。

・専用納経帳があります。

知多本四国写霊場 近日公開
開創年月は不明ですが、知多半島全体を霊場とした新四国霊場となります。今ではほぼ忘れられてしまった大師霊場ではないでしょうか。
尾張八十八ヶ所霊場

三河

三河新四国霊場 近日公開
1965年(昭和四十年)に荒廃していた三河新四国霊場の札所を新たに選定しなおし再興させたのが現在”三河新四国”と呼ばれている霊場になります。一番札所である知立市の総持寺から始まり、碧南市の法城寺までの八十八札所、四十九ヶ所を巡る霊場となっています。札所が二か所指定されている寺院が多く、比較的巡礼しやすいのが特徴です。

・専用納経帳があります。

(旧)三河新四国霊場 近日公開
1965年(昭和四十年)までの三河新四国霊場の事を言います。現在では三河旧四国と呼ばれることもありますが、新四国という名前の由来から考えると(旧)三河新四国と呼んだ方が良い気がします。一番札所は蒲郡市にある薬証寺から始まり、豊田市足助町の香積寺までの八十八ヶ所を巡る霊場になっています。
三河海岸大師霊場 札所一覧
一番札所である蒲郡市にある真如寺から始まり、西尾市吉良町津平にある清海寺までの八十八ヶ所を巡る霊場になっています。明治時代から大正時代にかけて整備された霊場の様なのですが、現在では忘れられた霊場の一つとなっています。当ブログで霊場巡りを始めるきっかけとなった思い出のある霊場です。
三河准四国霊場 近日公開
開創年月は不明ながら、江戸時代末期には巡礼者も数多かった大師霊場だと言われています。その後、一時廃れていしまいますが、冨賀寺にて巡礼絵地図が発見され、これが契機となり三河准四国霊場が復興しています。

・専用納経帳があります。

東三河新四国霊場
八名郡准四国霊場

観音霊場

尾張

知多西国観音霊場 近日公開
南知多観音霊場 近日公開
愛知梅花観音霊場 近日公開
知多新四国霊場 近日公開
尾張観音霊場 近日公開
知多百観音 近日公開
知多半島全体を霊場とした、百観音巡りになります。知らず知らずの内に、百観音札所を巡礼しているかも?

三河

三河観音霊場 近日公開
一番札所である岡崎市梅園町にある宝福寺から始まり西尾市貝吹町の長圓寺までの三十三ヶ所を巡る霊場です。岡崎市、西尾市、蒲郡市の三市のみという比較的巡礼しやすい霊場になっています。
三河白寿観音霊場 近日公開
三河西国観音霊場 近日公開
一番札所である豊橋市の東観音寺から始まり豊田市猿投町の白鳳寺までの三十三ヶ所を巡る霊場です。豊橋市、豊川市、新城市、蒲郡市、西尾市、岡崎市、知立市、豊田市と広範囲を巡る為、ゆとりのある計画を立てる必要があります。
西条吉良観音霊場
西尾市の矢作川右岸を中心とした西条吉良氏の領地だった場所を巡ります。
東条吉良観音霊場
西尾市の矢作川左岸を中心とした東条吉良氏の領地だった場所を巡ります。

納経帳を用意し巡礼される方が多い霊場から札所の場所も忘れさられてしまい、名前だけ辛うじて残っている霊場迄、まだまだ愛知県には様々な霊場が存在しています。図書館などで調べつつ、諸先輩方のホームページも参考にさせて頂きつつ、愛知県に点在する霊場を紹介していきたいと思います。

投稿者プロフィール

成瀬晃ドクターレザーおかざき 店主
愛知県岡崎市で「かばん・くつ✚革の病院ドクターレザーおかざき」を営んでいる成瀬と申します。
史跡、神社などを巡った事をなどをつぶやきつつ、お店のブログではつぶやけないような事も書いていこうかと思っています。
スポンサーリンク
霊場巡りの旅
スポンサーリンク
成瀬晃をフォローする
あいちを巡る生活って

コメント