2019年2月、サイト名を「神社のある生活って」から「あいちを巡る生活って」に変更致しました。

味鋺神社(名古屋市北区楠味鋺)

神社紹介

神社名味鋺神社
鎮座地名古屋市北区楠味鋺二丁目七三六
御祭神宇麻志麻治命、味饒田命、天照大御神、天児屋根命
日本武尊、武甕槌命、別雷命、誉田別命
旧社格郷社
創 建不詳
神名帳延喜式神名帳「味鋺神社」
尾張国神名帳 従三位味鋺天神
境内社熱田社、神明社、日神社、金比羅社、天神社
山神社、斎宮社、稲荷社、秋葉社、洲原社、津島社
例祭日十月十日
御朱印
H P

参拝日:2020年1月29日

御由緒

 名古屋市北区に鎮座する「味鋺神社」になります。名古屋市といっても庄内川以北の旧春日井郡になります。名古屋二十一大師九番札所「味鏡山護国院/紹介記事」のすぐ東隣に鎮座しています。それもそのはずで、江戸時代までは護国院の住職が祭祀を行う鎮守社だったようです。
 味鋺神社は、延喜五年(927年)に取りまとめられた「延喜式」という全五十巻からなる格式の中の九、十巻の神名帳(この2巻を「延喜式神名帳」と呼びます。)の中にその名を残す「式内社」になります。社伝が失われており、創建当時の様子が全く分からないのですが、延喜式神名帳にその名が載っている事から、延喜以前に創建され、当時は非常に栄えていた神社である事がわかります。

式内味鋺神社(元郷社、現六等級)由緒略記

一、鎮座地 名古屋市北区楠味鋺二丁目七三六
一、御祭神 宇麻志麻治命、味饒田命
一、由緒
 創立年月は不詳なれど、第六十代醍醐天皇御代(901-930年)にまとめられた延喜式神名帳に、尾張の國春日部郡、味鋺神社と記載されている古社である。物部氏の祖となる宇麻志治命は、我が子味饒田命と共に、物部一族を率いて皇城の守護にあたり大政に参与する。
 その子孫が美濃、尾張、三河地方に発展し、ことに尾張地方の勢力は大きく、一族の遺跡と称されるものも少なくない。
 春日井市味見にある二子山古墳、古来この山上に、物部天神があり可美真手命を祀っていた。
 現在は山上に白山神社が物部天神を合祀して建てられている。白山神社は、現味鋺五丁目にあった白山藪古墳より遷座されたと伝えられている。
 この白山藪古墳より、刀剣、鉾、武器類が出土している(現在京都博物館に保管)
 この一帯は味鋺の原で、俗に百塚と言われた程多くの古墳があった。このことから物部氏族の蟠踞していた遺跡であると考えられる。
 物部氏族が祖先を祀り、平和と繁栄を祈った物部天神、味鋺神社は、おそらく終わりにおける物部氏最初の氏神であったであろう。
 味鋺の流鏑馬は寛治七年(1093年)今日で競馬の神事が催されたのが始めである。神前より南堤防までの馬場を数回、馬に乗って、矢を天に向けて射る。この矢を拾えば疫病しないと、見物の人々が競って矢を拾う勇壮な神事であった。最初は豊作の年に限り行われていたが、非常に経費がかかるので、大豊作でないと行われなくなり、第二次世界大戦が始まると、中止の状態となり、今日に至る。
現在の社殿は平成四年に改築され現在に至る。

「境内由緒書き」より

 主祭神となる「宇麻志麻治命」は物部氏の始祖とされており、大和朝廷に従属してからは美濃、越前と平定し、石見国で没したとされています。物部氏がどのあたりの出身なのかは分かりませんが、物部氏の一族が名古屋市の東区からここ味鋺周辺に勢力を持っており「尾張物部氏」と呼ばれるようです。ここら辺の話になると、歴史というより古代史の話になってしまうので、どこまでが本当の話なのかはっきりしなくなってきてしまうので、あまり深く掘り下げないようにしたいと思います。
 そんな「物部氏」所縁の「味鋺神社」ですが、物部守屋を筆頭とした排佛派だった物部氏が「護国院」の鎮守社となり、護国院の住職によって祭祀を営まれていたのは歴史の皮肉でしょうか。

名古屋二十一大師霊場を行く-寄り道遍-

 九番札所「味鏡山護国院/紹介記事」のすぐ隣に鎮座する「味鋺神社」を参拝します。味鋺と書いて「あじま」とは中々読めませんね。護国院の駐車場にバイクを止めさせて頂いて、味鋺神社に向かう事にします。

参拝記

 「味鋺神社」から真っ直ぐ南に延びる参道の突き当りである「庄内川堤防」から神社側を望みます。由緒の中でも書きましたが、この真っ直ぐ伸びる参道で以前「流鏑馬神事」が行われていた様です。馬上から的を射るのではなく、空に向けて矢をはなっていたんですね。

境内入口

 幟立石と幟掲揚ポールが片側六本づつ立ち並ぶ独特な境内入口になります。最近は、常設型の金属製ポールが設置されていますが、神社前にこれだけの幟掲揚ポールが並ぶと壮観です。

社号標

「式内 郷社 味鋺神社」と彫られた社号標になります。こちらの建立年月は調べ忘れて今いましたが、鳥居と同じ年に建立されたとしたら明治三十五年になるかと思います。

石鳥居

 明治三十五年建立の神明鳥居になります。

手水舎

 コンクリート造り瓦葺四本柱タイプの手水舎になります。水盤の大きさに比べてかなり大きい手水舎ですね。

社殿

こちらが、味鋺神社の社殿になります。
まさに尾張地方独特の神社様式の社殿です。
「蕃塀ー妻入拝殿ー渡殿ー本殿」というのが標準的な造りですが、「味鋺神社」が平成になって造営工事された為、少し様式が変わっている様です。

蕃塀

 ほぼ尾張国独特の神社設備といってもいい「蕃塀」になります。表から直接本殿を見る事が出来ないようにと据えられたというのですが、三河地方に住んでいる自分にとっては本当に変わったものですね。

拝殿

 瑞垣に囲まれた切妻造瓦葺妻入りの開放型拝殿になります。
 拝殿から本殿に向かって瑞垣が続いて参拝者が社殿の中に入れなくしているはずなのですが、拝殿と本殿の間に新たに平入の拝殿を設けた様です。

 今回の造営工事で新たに設けられたと思われる拝殿と幣殿が一体となった社殿になります。御祈祷や神事の際、こうした拝殿があるとないとでは大きな違いですからねえ。

狛犬

 明治三十五年生まれの狛犬一対になります。どうしてこんな簡素な感じの狛犬がゴテゴテした狛犬になっていたのか不思議です。

清正橋

 元々あった場所から味鋺神社の境内に移設された「清正橋」になります。名古屋城築城の際、加藤清正の命によってつくられた石橋になるので「清正橋」と称するようですが、地元の人は単に「石橋」と呼んでいた様です。名古屋藩が整備した「稲置街道」の一部になるようです。
 一説では、古墳群から掘り出された石棺を再加工して利用したとも言われています。

鎮座地を地図で確認

神社名味鋺神社
鎮座地名古屋市北区楠味鋺二丁目七三六
最寄駅名古屋鉄道 小牧線「味鋺駅」徒歩15分

次の目的地は?

 庄内川を超えて、大曽根駅近くの八番札所「降華山常光院」を目指します。

投稿者プロフィール

成瀬晃ドクターレザーおかざき 店主
愛知県岡崎市で「かばん・くつ✚革の病院ドクターレザーおかざき」を営んでいる成瀬と申します。
史跡、神社などを巡った事をなどをつぶやきつつ、お店のブログではつぶやけないような事も書いていこうかと思っています。
名古屋市北区
シェアする
成瀬晃をフォローする
あいちを巡る生活って

コメント