村社

岡崎十二社

菅生神社(愛知県岡崎市康生町)岡崎十二社

神社紹介 神社名菅生神社鎮座地岡崎市康生町六三〇番地一御祭神須佐之男命、天照大御神、豊受姫命旧社格神饌幣帛料供進指定村社創 建伝:第十二代景行天皇四○年神名帳ー境内社稲荷社、秋葉社例祭日七月二十日御朱印○H P○/公式HP 参...
2021.06.05
岡崎十二社

白山神社(愛知県岡崎市康生町)岡崎十二社

神社紹介 神社名白山神社鎮座地愛知県岡崎市康生町三四五番地一御祭神白山姫命、新田義重旧社格神饌幣帛料供進指定村社創 建永禄九年(1566年)神名帳ー境内社秋葉社例祭日十月第三日曜日御朱印ーH Pー 参拝日:2021年1...
2021.06.05
岡崎十二社

神明宮[能見神明宮](愛知県岡崎市元能見町) 岡崎十二社

能見の神明さんと呼ばれる岡崎市元能見町に鎮座する神明宮の紹介です。例大祭では何基もの山車が街中を練り歩くなど岡崎市有数のお祭りとして観光100選にも選ばれています。令和二年よりおかまいり岡崎十二社スタンプラリーが開催されており、この神明宮も名を連ねています。
2021.06.05
豊田市

蛇口成瀬神社(愛知県豊田市富岡町)

神社紹介 神社名蛇口成瀬神社鎮座地愛知県豊田市富岡町道東五番地御祭神天児屋根命、大山祇命旧社格村社創 建不詳神名帳ー境内社御鍬神社、秋葉神社例祭日十月十六日御朱印ーH Pー 参拝日:2018年6月27日 御由緒 ...
2021.04.18
豊田市

八幡神社松平東照宮(愛知県豊田市松平町)

松平氏発祥の地である豊田市松平町に鎮座する神社になります。松平氏初代松平親氏が自ら築城した松平城の守護神として若宮八幡宮を勧請創建したのが始まりだと伝えられています。1619年、久能山東照宮より家康公の御分霊を勧請し松平東照宮を創建、昭和になり八幡神社と松平東照宮を合祀しています。
岡崎市

荒神神社(愛知県岡崎市東蔵前町)

神社紹介 神社名荒神神社鎮座地愛知県岡崎市東蔵前町字荒神十四番地御祭神興津彦命、天照大御神旧社格村社創 建不詳神名帳ー境内社ー例祭日十月十日御朱印ーH Pー 参拝日:2020年月日 御由緒  特に西日本で信...
岡崎市

若一神社(愛知県岡崎市岩津町) 松平泰親創建

神社紹介 神社名若一神社鎮座地愛知県岡崎市岩津町字壇ノ上二十三番地御祭神天津日子番能邇邇芸命、須佐之男命、猿田彦命、大物主命旧社格神饌幣帛料供進指定村社創 建応永三十三年(1426年)神名帳ー境内社御鍬社例祭日十月十八日御朱...
岡崎市

八幡宮(愛知県岡崎市井田町) 酒井氏所縁神社

井田城を居城としていた酒井忠次を輩出した左衛門尉系酒井氏が自らの守護神として祀るっていたと伝わる井田町に鎮座する八幡宮になります。
刈谷市

祖母神社(愛知県刈谷市東境町)

神社紹介 神社名祖母神社鎮座地刈谷市東境町町屋五十二番地一号御祭神伊邪那美命旧社格神饌幣帛料供進指定村社創 建久安三年(1147年)神名帳ー境内社秋葉社(祭神:火産日神、大国主命)山神社(祭神:大山祇神)熱田社(祭神:日本武...
2021.02.06
刈谷市

酒井神社(愛知県刈谷市西境町) 酒井氏発祥伝承地

神社紹介 神社名酒井神社鎮座地愛知県刈谷市西境町本郷七番地一御祭神豊宇賀能売神、誉田別尊旧社格神饌幣帛料供進指定村社創 建不詳神名帳ー境内社萩ノ宮、津島社、山神社、御嶽社例祭日十月十日御朱印ーH Pー 参拝日:2021...
岡崎市

稲荷神社(岡崎市羽根西町)宇津忠茂創建

松平清康の家臣だった宇津忠茂が建立したという神社になります。宇津氏は後に大久保姓に改姓する一族で、上和田城を中心にして周囲に一族が多く住み、大久保党と言われる強固な一門衆を誇っています。この一門は上和田の隣羽根にも屋敷を構えたため、その鎮守社として建立したんだとおもいます。
岡崎市

比蘇天神社(愛知県岡崎市宮地町) 延喜式内社論社

延喜式内社碧海郡鎮座「比蘇神社」の論社となっている岡崎市宮地町に鎮座する比蘇天神社になります。以前は境内に上和田城跡の石碑が据えられていたなど、大久保氏居城だった上和田城近くに鎮座していたようです。
2021.03.09
大府市

神明社(愛知県大府市共栄町)

大府市共栄町に鎮座する神明社になります。由緒については不詳ですが、この地の開墾の鎮守社として祀られたのではないでしょうか。
2020.12.31
大府市

山祇社(愛知県大府市東新町)

大府市東新町に鎮座する山祇社の紹介になります。創建は延宝三年(1675年)と伝えられ、この周辺の開拓の守護神として勧請創建されたと言われています。
2020.12.31
大府市

藤井神社(愛知県大府市追分町)

大府市追分町四丁目に鎮座する元々は追分城築城の際守護神として勧請されたと伝えられる神社になります。桶狭間の合戦後追分城は廃城となり、城の守護神であった神社は地元の産土神となって現在まで崇敬を集めています。
2020.12.31
大府市

山祇社(愛知県大府市追分)

 江戸時代に入り、大阪住吉の山中又右衛門(一説では名古屋出身とも)がこの地にやってきて開墾開発をする時の守護神として勧請された神社になります。現在では周囲は宅地化され、住宅地の一角に鎮座する神社と言った感じになっています。 ...
2020.12.31
タイトルとURLをコピーしました