名所旧跡など

愛知県下新十名所巡り ー豊山岡山公園遍ー

令和四年新企画のお知らせ

新企画「愛知県下新十名所」

 新愛知新聞社が昭和二年(1927年)に「愛知県の新十名所を読者投票で決定する。」というイベントを実施します。愛知県下を狂気の投票合戦へと誘ったこのイベントへの投票総数は驚異の1400万票以上。また、100票以上の投票を集めた名所候補は67カ所にも上ります。2022年、当サイトではこの67ヵ所の名所を巡り紹介していこうと思います。

愛知県下新十名所とは

 昭和二年に今の中日新聞の前身となる新愛知新聞社が「読者投票によって愛知県の新しい十名所を決定しよう!」という企画を行っています。この企画がどうやら各自治体まで動いて投票運動が巻き起こるなど愛知県下では相当盛り上がったイベントとなった様です。昭和二年ですので、投票は郵便によって行われ、なんと1,414万票を超える投票が行われています。100票以上の得票を集めた名所候補地については公表されており、その数「57ヵ所」となっています。
 あまりにも投票が過熱して候補地も非常に多く集まった為、本来は1位~10位までを新十名所と決定するところ、11位~20位を新十勝地として選定しています。

57ヵ所の新名所候補地一覧はこちらから

愛知県十名所を知ってるかい?

 愛知県新十名所選定100周年まであと5年という中途半端な時期ですが、これほどまでに当サイト名と合致する物はまずありえないだろうという事で、既に何ヶ所かは紹介させていただいておりますが、昭和二年に愛知県民を熱狂の渦にいざなった愛知県下新十名所投票戦のそれぞれの舞台を見ていこう思います。

今回の行き先は?

  • 41位 豊山岡山公園 西春日井郡(豊山町) 得票数:2,985票

 今回は、第41位にランクインした西春日井郡の豊山岡山公園に向かいます。地図やGoogle先生に尋ねてみても豊山岡山公園については現状存在していない様です。こりゃこまったなと思った訳ですが、「豊山」はたぶん豊山町の事だろうと推測し、豊山町に「岡山公園」はあるのかと調べてみると、現在の県営名古屋空港のターミナルがある辺りに「岡山」という小高い丘って感じの山があった様です。
 という事で、「豊山岡山公園=名古屋空港」になるのだろうと推測して今回は名古屋空港を目標として途中寄り道をしながら向かっていこうと思います。

豊山岡山公園

 昭和十九年(1944年)に日本帝国陸軍によって半ば強制的に農地が買い上げされ建設された日本帝国陸軍小牧飛行場を前身とする飛行場。戦後は米軍に接収されますがその後変換され、航空自衛隊と共用する「名古屋空港」として中部圏の空の玄関の役割を担ってきたが、平成十七年に中部国際空港開港に伴い、現在は県営名古屋飛行場(通称:県営名古屋空港)となっている。

今回の行程

 2022年3月2日(水曜日)、愛知県新十名所の中で一番その敷地が広いであろう豊山岡山公園(名古屋空港)を目指して岡崎市から豊山町に向けてバイクを走らせていきます。今回の旅のもう一つの目的は、岡崎ー小牧間のルートをしっかりと覚える事。スマホのグーグルマップのナビ機能があるとはいえ、バイクでナビを見ながら運転って自殺行為な感じするので、途中のルートはいくつか覚えたい所です。

3月2日行程表

  • 二子山古墳(愛知県春日井市二子町)
  • 白山神社(愛知県春日井市二子町)
  • 大井神社(愛知県名古屋市北区如意)
  • 如意山瑞應寺(愛知県名古屋市北区如意)
  • 冨士社(愛知県西春日井郡豊山町)
  • 八所神社(愛知県西春日井郡豊山町)
  • 豊山岡山公園【名古屋空港】(愛知県西春日井郡豊山町)
  • 神明社(愛知県西春日井郡豊山町)
  • 津島社(愛知県西春日井郡豊山町)
  • 白雲山正法寺(愛知県西春日井郡豊山町)
  • 日吉神社(愛知県西春日井郡豊山町)
  • 中島辻堂(愛知県西春日井郡豊山町)
  • 観音寺(愛知県西春日井郡豊山町)
  • 八剣神社(愛知県西春日井郡豊山町)
  • 霊鶴山千松寺(愛知県西春日井郡豊山町)

 今回の行程は基本的に名古屋空港のある西春日井郡豊山町を中心に巡っていきます。リミットが相変わらず存在しているのですが、全く距離感が解らず思った以上に時間がかかってしまい予定を途中で切り上げる事にして帰還しています。
 やっぱり名古屋市を南北に走り抜けるのに思った以上に時間がかかりますね。どのルートが一番早く名古屋市を抜ける事が出来るんでしょうかね。抜け道などが解ってくるとかなり変わってくるかもしれません。

 小牧市と豊山町を霊場とする「西春北部二十一大師」が存在しています。後半に巡っている寺院はこの二十一大師の札所となります。

2022年あいちを巡る生活って巡拝記

 新型コロナウィルス(オミクロン株)が年明けから急速に感染拡大してしまった為、当所予定してた通りとはいかなくなってしまいましたが、2022年(令和4年)に愛知県を巡っていく巡拝記を順次更新していきます。

-名所旧跡など